入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > 新型コロナウイルスへの対応 > 学長メッセージ

    学長メッセージ   新型コロナウイルス感染症への注意

     学生の皆さんへ   ~新学期を迎えるにあたって~                  

     令和2年4月10日掲載

     

    学長メッセージ   新型コロナウイルス感染症への注意

    学長メッセージ / President's Message / 校长传讯

    【PDF】 日本語English中文   

       山口大学長の岡 正朗です。学生の皆さんに、新型コロナウイルス感染に関して注意を呼び掛けます。

       新型コロナウイルス感染は世界に大きな影を落としています。皆さんも、多くの制約がある中での学生生活がスタートします。政府は4月7日、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県に「緊急事態宣言」を発令し、最大限の警戒が必要と表明しました。さらには、他の地域においても感染者の増加が報告されています。

       本学には全国各地から多くの学生が入学していることから、徹底した感染対策が求められます。学生一人一人が、危機感を持ってルールを必ず守ってください。

       山口県の現時点の状況は、感染者が少なく、全ての患者さんの感染経路が判明しており、また、学生及び教職員の感染報告がないことから、感染対策を順守した対面講義と遠隔講義を併用することが可能であると判断しました。共通教育は13日から、専門教育は各学部の判断で講義日程を決定しています。この決定は、今後の感染状況により大きく変わる可能性がありますので、大学ホームページを毎日チェックしてください。

       主なお願いは、3つあります。
       まず、3密を避けることです。換気の悪い密閉空間や、手の届く距離に多くの人がいる密集場所を避け、密接場面となる近距離での会話や大声での発声を控えてください。スポーツやイベントが中止されているので、部活動も残念ではありますが停止としました。

       次に、移動しないことです。特に、報道にあるように「緊急事態宣言」が出された東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡は当然ですが、他の都道府県にも出向かないよう強く要請します。不安で実家に帰りたい気持ちはわかりますが、現状からもご理解ください。なお、現在居住している自宅又は下宿からの不要な外出も控えて下さい。

       3つ目は健康管理です。食事、睡眠、適度な運動に留意してください。運動は、スポーツジムなど複数者が利用する施設ではなく、自宅でのエクササイズ、屋外でのウオーキングやランニングなど個人の範囲で行ってください。外出から帰った際の手洗いも十分に行ってください。

       このウイルスに対抗するには、「感染しない、万が一感染しても人にうつさない。」この考えをもって行動することが最も重要です。自分が感染原因になれば友人や他人を不幸にし、さらにはその家族や関係者にも大きな災いをもたらします。

       発熱等の風邪症状が見られる時や急な嗅覚・味覚障害を自覚した場合には、所属の学部等に連絡してください。さらに、新型コロナウイルス感染が強く疑われる症状がある場合は、大学への報告だけでなく、保健所との相談も必要になります。

       詳しいことは、本学のウェブサイトに掲載してあり、状況に応じて、日々、頻繁に更新しています。トップページに「新型コロナウイルスへの対応」のバナーがありますので、それを必ず一日一回はクリックして、記載されている内容を確認し、指示を守るようにしてください。

       SNSなどで発信されたコロナ感染に関するデマも大きな問題となっています。多くの人々を間違った行動に導いており、患者・家族の皆さんにも多大な被害をもたらしています。山口大学の学生にはそのようなことはないと信じていますが、絶対に、絶対に行ってはいけません。

       経済が著しく落ち込んでおり、保護者の経済状況の悪化やアルバイトの減少などにより大学生活に困難を生じた場合には、「学生生活なんでも相談窓口」や「各学部・研究科の学務担当係」に相談してください。もちろん、これ以外の困ったことでも構いません。山口大学は出来る限りの支援を行います。

       不自由でストレスがたまると思いますが、今が我慢する時です。我慢しているのはあなた達だけではありません。世界の人々が同じかそれ以上に耐えているのです。感染した人はどうでしょう?その家族は?それを慮り、今こそくじけることなく、自分の弱い心と闘ってください。夜明けは必ず来ます。

       学生諸君の一人一人が感染拡大の防止を心掛け、教職員とともにこの難局を乗り越えていきましょう。コロナ感染が落ち着いたのちに低迷する日本を立て直すのは皆さんです。しっかりと強い志をもって大学生活をスタートしてください。

       学生の皆さんの協力をお願いします。

                                                                                                                                                                              令和2年4月10日           

    山口大学長 岡 正朗 


     

    This is Masaaki Oka, President of Yamaguchi University. As we face the threat of the spread of COVID-19, I would like to call on all students to stay vigilant.

    The world has been greatly affected by the novel coronavirus. As everyone’s daily life becomes more restricted, our students will be starting life at university. On April 7, the Japanese government declared a state of emergency in 7 prefectures: Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Osaka, Hyogo, and Fukuoka. They ask people to exercise the utmost caution, especially as reports of positive cases increase in other regions of Japan.

    Students have come to Yamaguchi University from throughout the country, and thus the university is expected to prepare appropriate measures to prevent the spread of infection. We ask that each and every student be cognizant of the current crisis, and follow the rules set forth for everyone’s protection.

    Currently, Yamaguchi Prefecture has relatively few positive cases, and has identified the route of infection for all of the patients. Yamaguchi University has not reported any cases and has decided it is possible to proceed with a combination of remote classes and in-person classes carefully observing measures to prevent infection. General Education classes will be starting on April 13, and major classes will be held according to the decision of individual faculties. These decisions may change based on changes in infections, and students should check the university website daily to stay up to date.

    We ask everyone to take the following three steps:

    First, avoid the “Three C’s”: closed spaces with poor ventilation, crowded places with many people nearby, and close-contact settings such as close-range conversations. Sports and events are also cancelled, and unfortunately this extends to the cancelling of clubs as well.

    Second, please do not travel. Particularly to Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Osaka, Hyogo, and Osaka prefectures, as they are in states of emergency, but we ask that you strongly reconsider all travel outside of Yamaguchi Prefecture. Although we understand the anxiety and desire to visit home, we hope that all students will hold back in light of the current situation. Furthermore, please stay inside your house or dorm if it is not necessary to go out.

    Third, and finally, please do all that you can to take care of your own health. Take time for meals, sleep, and moderate exercise. Avoid gyms and other places where multiple people gather, and instead work out at home or walk or run by yourself outside. Anytime you return to your home, make sure that you wash your hands thoroughly.

    To stop this virus, our first priority is to avoid infection, and if that is not possible, to at least prevent further spread to other people. We must all keep this in mind. If we spread the virus, we are harming our friends and those near to us, and bringing great difficulty to their families and others around them.

    If you have a fever or other symptoms of a cold, or suddenly lose your sense of smell or taste, please contact your faculty. If you suspect that you are showing symptoms of COVID-19, you must contact the health care center consultation service.

    Further details are available on the university website, and will be frequently updated to reflect the current situation. Please check for new information daily and follow the posted guidelines.

    Rumors regarding COVID-19 on social networks are also becoming an issue. People have been led to follow incorrect information, hurting patients and families. I do not believe that any of our students would engage in this behavior, and I implore everyone not to be deceived by false information.

    As the economy declines significantly, changes in parents’ and guardians’ financial status and decreases in part-time job availability may cause issues for some students. If you are having troubles, please consult the General Help Desk and your faculty’s student affairs office. Yamaguchi University is also committed to doing what it can to support you through any other issues that arise.

    This is a stressful time, with many restrictions in place, but this is when we need to stay strong. We are not the only ones who are struggling. People around the world are facing the same, and even more difficult situations. Keep those who are undergoing treatment, and their families in your thoughts, and remember, this is not the time to lose our battle to temptation. There is a light at the end of the tunnel.

    Each and every student must do their part to prevent the spread, and the faculty and staff will be working with you to make sure that we do get through this together. After the crisis is contained, you will be the ones who are responsible for rebuilding Japan. Hold your heads high and make a strong start to university.

    Thank you for your understanding.

    April 10, 2020
    Masaaki Oka
    President of Yamaguchi University

     

     我是山口大学校长冈正朗。新冠肺炎疫情汹汹而来、在此呼吁我校学生一定要严加防范、避免感染新冠肺炎。

        新冠肺炎疫情在世界范围内造成了重大影响。大家也在诸多制约规则中开始了学习生活。政府在47日宣布了“紧急事态宣言”、在东京、神奈川、埼玉、千叶、大阪、兵库、福冈等7个都府县实施最大程度的警戒措施。此外、其他地区也陆续报道着感染者数目的增加。

       正值全国各地学生入学之际、本校将采取强力措施对抗新冠病毒。希望每位学生都能时刻保持危机意识并严格遵守学校规定。

       山口县目前确诊感染者为数不多且感染路径明确。另外本校还未出现学生及教员的感染报告、所以为遵守防疫政策、本校决定实施面授教育和远程教育并行的上课方式。共通教育从13日起、专业教育由各个学部来决定上课日程。这个决定可能根据今后的感染情况产生很大的变动、请大家务必每天登陆学校主页查看。

       学校主要有三个请求。

       首先、避免3密。分别是避免换气差的密闭空间和能够手触及到彼此的密集场所、避免亲密接触时的近距离谈话和大声喧哗。由于一切运动和活动都被中止、很遗憾各俱乐部活动也要停止。

       其次、不要出行。特别是不要去“紧急事态宣言”中提到的东京、神奈川、埼玉、千叶、大阪、兵库、福冈等地、当然最好也能避免其他地区的出行。虽然可以理解你们可能因不安而想回家的心情、但是请理解现在的情况。此外、请尽量待在现在住的地方或者宿舍减少不必要的外出。

        第三是健康管理。请注意自己的饮食睡眠和保持适量的运动。运动的话不要去健身房等被多人使用的设施之处、推荐在家自行锻炼、户外慢跑和跑步等以个人为单位进行。外出回家之后立即清洁手部。

        对抗新冠病毒、要时刻保持“坚决不感染、万一感染也不传染”的想法并且付诸行动。如果自己成为感染源的话会给朋友或者他人带来不幸、甚至也会给其家人和朋友招致祸害。

        如果发现自己有发烧等感冒症状或者突然失去嗅觉味觉的话、请立即和自己所属的学部联系。另外、如果有疑似新冠肺炎的症状的话不仅要向大学报告、也务必要向保健所咨询。

        详细事宜已在本校主页发布、根据情况每天都在频繁地更新。首页有“新型冠状病感染对策”的内容、请大家务必每日都点开查看、确认信息、遵守指示。

       现在网络上有很多关于新冠肺炎疫情的谣言、这也是很大的问题。谣言导致很多人都采取了错误的行动、给患者和家人带来了恶劣影响。我相信山口大学的学生没有作出任何不当之举、但是再次强调请不要在网络上散播谣言影响社会秩序。

       此次疫情对经济方面也有很大的影响、如果因为家长的经济问题或者打工的减少导致大学生活变得困难的话、请和“学生生活咨询处”(「学生生活なんでも相談窓口」)或“各个学部研究科的学务担当”(「各学部研究科の学務担当係」)联系。当然、除此之外的事情都可以咨询。山口大学会尽全力实行援助。

       虽然现在很不方便、可能给大家带来了很大的压力、但是现在最好忍耐一下。要知道、忍受这些的不只是你一个人。世界上的所有人都在和你一起甚至比你承受得更多。感染病毒的人现在怎么样呢?他们(她们)的家人怎么样呢?多些思量、现在不是气馁的时候、和自己弱小的心灵战斗吧!黎明终将到来!

       各位学生务必小心、防止感染、和教员们一起度过难关吧!你们是新冠肺炎疫情过去后重建低迷不振的日本的希望啊!各位学生、请自强不息、开始大学生活吧!

       希望大家配合。

                                            令和2 410

    山口大学校长 冈正朗

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.