やまぐち未来創生人材育成・定着促進事業
〔 地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)〕

YAMAGUCHI FRONTIER LEADER

【山口大学】 YFL育成プログラム 集中講義「経済と法3」を開講しました!(学生プレゼンテーション編)

 

 平成29年6月3日(土)、4日(日)及び10日(土)の3日間で、「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」の一環として、山口大学吉田キャンパス(山口市)のメディア講義室において、YFL育成プログラム「経済と法3~やまぐちの行政・経済を学ぶ」を開講し、学生・教職員約100名が受講しました。

 

 この講義は、山口の経済を知る各界のプロフェッショナルを招いて実施した特別講義です。

 

 学生たちが3日間に渡って山口の経済を知るプロフェッショナルの方々による講演を受けた上で、感じたことやこれからの展望について、一人ずつプレゼンテーションを行いました。

 

 

 

 プレゼンテーションでは、「山口出身だけれども、山口の歴史や経済、さらに魅力ある企業について知らないことが多く、このような機会を通じて知ることができた。これからは、山口について人に紹介できるくらい山口について学びたい。」や「県外出身だが、自分の地元に置き換えて、出身地についてももっと見直してみたい。」また、「県外出身だが、山口県に就職して山口をもっと魅力ある県にしたい。」など山口に対する思いの発表があり、「山口の魅力を再発見できて良かった。このYFL育成プログラムを通じてさらに多くのことを学んでいきたい。」と気持ちに集約された意気込みが伝わってきました。

 また、「自分は、あがり症だからプレゼン力を身に付けるためにYFL育成プログラムを受講した。」や「インターンシップなどを通じて早い段階から社会や企業について学びたい。」など、YFL育成プログラムで学んでいくことを自分のスキルアップに繋げたいという声もありました。

 

 学生からは他にも、「地方創生をテーマにした講演を聴いて、この地方創生を実現していく為に期待されているのは、まさに自分たちであることに気がついた。」「今後、自分たちにとっての地方創生とは何であるか、何をすべきかをこのYFL育成プログラムで学び、よく考えていきたい。」という前向きな意見がありました。

 

 最後に、田中和広副学長より、「最後の発表では、素晴らしいプレゼンテーションを行ってくれた。」という講評とともに、「今回の講義で県知事や銀行の頭取から直接話を聞くことができたことは、非常に刺激を受ける機会に恵まれた。大学での4年間を過ごすヒントを得られたと思う。縁あって山口で学ぶことになったのだから、どうかその縁を大切にして欲しい。」というメッセージが送られ、全3日間の講義が終了しました。