やまぐち未来創生人材育成・定着促進事業
〔 地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)〕

YAMAGUCHI FRONTIER LEADER

【山口大学】企業の課題を学生のアイデアで解決! アイデアキャンプ in 山口大学を実施しました!

 

 平成29年11月18日(土)から12月16日(土)の間の4日間で、山口大学吉田キャンパスにおいて、「アントレプレナー基礎(アイデアキャンプin山口大学)」を開催しました。

 

 本授業は、今年度から正式にYFL(Yamaguchi Frontier Leader)育成プログラムの200番台科目として位置づけられ、「アントレプレナーシップの基礎を学ぶ事を目的に、企業が抱える実際の課題に対してその解決策を考える」という内容で実施されました。具体的には、事業協働機関の3社からそれぞれテーマをいただき、学生がグループワークをとおして設定されたテーマを解決するためのアイデアを提案しました。

 

 4日間の内、12月2日(土)は、(株)HackCampの矢吹氏を招いて、事業協働機関と学生のファシリテーションを行っていただき、前回学んだアイデア出しのスキルをより効果的に実践に移すことができました。

 参加事業協働機関とテーマは以下のとおりで、当日は最後に各チームで得られた解決策に関するプレゼンテーションを行いました。

 

< 事業協働機関およびテーマ(順不同)>

 ●株式会社日本セレモニー 「新しい葬儀の形」

 ●株式会社MIHORI 「インターシップに掲載する自社PR動画の作成~若者向け人参ペーストの魅力発信~」

 ●フジミツ株式会社 「移動販売車で販売するのに適した蒲鉾(練り物)商品」

 

 参加した学生からは「山口の企業について深く知ることができた」「課題解決のためのアイデア出しに色々な手法があることがわかって、とても勉強になった」といった声がありました。また、参画いただいた事業協働機関のアンケートによると、「会社のことをよく知ってもらうことができ、ぜひ次回も参加したい」、「若者らしい発想から社員では考えつかないアイデアが出て、とても有意義であった。」といった、本プログラムの継続や発展を希望する声をいただき、盛会のうちに終了しました。

 

 本プログラムをとおして、課題から新たなアイデアを生み出す課題解決能力やイノベーション力、異なる世代や大学・学部学科を超えたチームでアイデアを生み出すチームワーク力の成長はもちろん、参画していただいた方々との交流をとおして、山口県の企業の魅力について、深く理解させていただく機会になりました。

 

   

 

   

 

   

 

  

 

  

 

 

〔本件に関するお問い合わせ先〕

  担当:COC+事業推進本部 崎山、山下

  電話:083-933-5478(平日9時00分~17時00分まで)

  FAX:083-933-5473

  E-mail:coc-plus@yamaguchi-u.ac.jp

 

※この授業は、文部科学省の「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」に採択されたプロジェクトとして、山口の未来を担うYFL(Yamaguchi Frontier Leader)を育成する教育プログラムの200番科目(アントレプレナー基礎)として位置づけられています。