やまぐち未来創生人材育成・定着促進事業
〔 地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)〕

YAMAGUCHI FRONTIER LEADER

【山口大学】「YFL育成プログラム300番台科目オリエンテーション」を開催しました!

 

 平成30年2月7日(水)、2月8日(木)の2日間、昼休み時間を利用して「YFL育成プログラム300番台科目オリエンテーション」を開催しました。

 

 本オリエンテーションは、YFL育成プログラムを2年間履修し終え、ファイナルステージとなる「課題解決型インターンシップ(PBI)」を受講しようとする学生を対象に、平成30年度開講予定のYFL育成プログラム300番台科目の概要案内・平成29年度に開催した課題解決型インターンシップ(PBI)試行版の紹介・カリキュラムの履修方法についての説明を行うものです。

 

 2日間に分けて行われたオリエンテーションには、学生、教職員、合わせて54名が参加。この模様は、工学部の学生に向けて同時中継で配信されました。 

 

 
 (オリエンテーションの様子)

 

 

 
 (資料を見るYFL履修生)

 

 まず、重松宏武副学長補佐(地域連携担当)〔教育学部・教授〕からは、300番台科目である「課題解決型インターンシップ(PBI)」の修了がYFL育成プログラムの集大成であること。そして、YFL育成プログラムを修了すると、その証として「YFL認定」の証書が発行されることなどについて説明がありました。

 

  
 (重松宏武 副学長補佐(地域連携担当))

 

 続いて、山下学生キャリア教育コーディネーターからは、「課題解決型インターンシップ(PBI)」に参加することは、企業と学生が求める能力のギャップに気づけたり、社会人としてのスキルを身につけたりできる貴重な機会であること、平成30年度の「課題解決型インターンシップ(PBI)」の内容は、商品開発系、広報PR系、まちづくり系など様々であり、受入団体も多岐に渡っていることなどの説明がありました。

 

 今後も学生の皆さんがチャレンジできるプログラムを増やしていきますので、ぜひ参加してくださいと、参加した学生に向むけて呼びかけました。 

 

 
 (山下貴弘 コーディネーター)

 

 今回の300番台科目オリエンテーションは、YFL履修生を優先して行われたものです。

 今後、YFL履修生以外の学生に対しても同様のオリエンテーションを実施予定です。

 日程が定まり次第、ホームページ等でご案内いたします。

 

 

〔プログラムの内容および本件に関するお問い合わせ先〕

  窓口:COC+事業推進本部(山口大学内)

  担当:学生キャリア教育コーディネーター 山下

  電話:083-933-5478(平日 9時00分~17時00分)

  FAX:083-933-5473

  E-mail:coc-plus@yamaguchi-u.ac.jp