やまぐち未来創生人材育成・定着促進事業
〔 地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)〕

YAMAGUCHI FRONTIER LEADER

【山口大学】YFL育成プログラム・200番科目オリエンテーション(4/17~18)を開催しました!

 

 学生と教職員が約80名参加した、2日間にわたる本オリエンテーションでは、YFL育成プログラム200番台科目の趣旨説明・サービスラーニング基礎・アントレプレナー基礎・履修登録の方法についての説明を行いました。

本オリエンテーションは、YFL育成プログラムの履修生として1年生から履修している学生を対象として行われたものです。

 

   

 

 はじめに、山口大学大学教育機構大学教育センター 林准教授から、「200番科目では、地域や企業というフィールドに赴いて、地域の人たちや他学部・他大学の人たちとともに、地域や企業が抱える課題を解決するための手法について学ぶことを主眼とした授業を実施します。」とYFL育成プログラム200番台科目の趣旨説明を行われました

 

   

 

 続いて今年度実施する200番科目開講計画(計6プログラム)について紹介がありました。以下に実施するプログラムの名称と内容を掲載します。

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 (1) サービスラーニング基礎(やまぐち・まちなかプロジェクト)

   山口大学創設の地である山口市(大殿地区)におけるフィールドワークやワークショップを通して、学生が関わる「まちなかづくり」について提案し、

        地域協働マインドや実践力を養うことを目的としたプログラム。

 

 (2) サービスラーニング基礎(ミニ移動大学in仙崎)

   長門市・仙崎地区におけるフィールドワークやワークショップを通して、地域住民が抱える課題を学生目線で捉え、KJ法により提案を行い、地域協働

   マインドや実践力を養うことを目的としたプログラム。

 

 (3) サービスラーニング基礎(高校生×大学生キャリアサポートプロジェクト)

   大学生が高校生に県内大学の魅力を伝えるとともに、ナナメの関係の対話を通して、自分自身のことについて、考える機会を提供し、地域リーダー

   として自覚を培う、他者への関わりや協働する力を養うことを目的としたプログラム。

 

 (4) アントレプレナー基礎(周防大島)

   起業に関する基礎知識を学ぶことを通して、アントレプレナーシップを養うとともに、「起業の島」周防大島で活躍する起業家への取材等により、

   自らの起業プランづくりに挑むプログラム。

 

 (5) アントレプレナー基礎(アイデアキャンプin山口市 吉田キャンパス)

   企業関係者等と協働して新サービスや新商品の提案に取り組むことにより、起業に関するアイデアの創出・具現化法について学ぶと共に、アントレ

   プレナーシップを修得するプログラム。

 

 (6) アントレプレナー基礎(アイデアキャンプin宇部市 常盤キャンパス)

   企業関係者等と協働して新サービスや新商品の提案に取り組むことにより、起業に関するアイデアの創出・具現化法について学ぶと共に、アントレ

   プレナーシップを修得するプログラム。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 日程、担当教員等の詳細は、下記「平成30年度YFL育成プログラム・200番科目開講計画一覧」をご覧ください。

   ⇒平成30年度YFL育成プログラム・200番科目開講計画一覧【PDF】

 

 本オリエンテーションの趣旨説明と上記プログラム(1)~(4)の説明を行った林准教授から学生に向けて、200番科目で関わることになる「地域や企業の人との出会いを今後に生かしてほしい」とメッセージがありました。

 また、上記プログラム(5)と(6)の説明を行った山口大学国際総合科学部 崎山教授からは、「200番科目の受講を通じて、課題を解決する典型的な手法を学び、できることが増えるとチャレンジ精神や独創心、すなわちアントレプレナーシップが身につきます」と受講することによる効果について話されました。

 

   

 

 最後に、履修登録の方法について山口大学共通教育係 杉本係長から、当日配布資料「★平成30年度YFL育成プログラム・200番科目開講計画一覧」を読み込んだ上で、「履修希望調書」に希望するプログラム名などの必要事項を記入するように案内がありました。

 

   

 

 学生からは、「地域を見て回ることのできるのはどのプログラムなのか」、「合宿型のプログラムが楽しそう」など、200番科目への期待の声が上がりました。

 

 

----------( 参 考 )----------------------------------------

 

◆「サービスラーニング」とは

 教室でのアカデミックな学習と地域社会での実践的課題への貢献を結びつけた経験学習の一形態である授業・学習法。

 地域社会における現実の問題を解決するという課題を、教室で学んだ知識を活かして取り組むことにより、学習内容に

 ついて深められる共に、市民的責任を学び、市民として社会参画を促進するといわれている。

 

◆「アントレプレナー」とは

 地域のニーズや問題を認識し、課題の解決や社会変容を目指して、ベンチャー企業の

 創造・組織化・経営するために「起業」という手法を志向する取り組みである。

 (出典:YAMAGUCHI FRONTIER LEADER PASSPORT)

 

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

〔本件に関するお問い合わせ先〕

 窓口:COC+事業推進本部

 担当:林、崎山、山下

    電話:083-933-5478(平日 9時00分~17時00分)

    FAX:083-933-5473

    E-mail:coc-plus@yamaguchi-u.ac.jp