やまぐち未来創生人材育成・定着促進事業
〔 地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)〕

YAMAGUCHI FRONTIER LEADER

【参加者募集!】科学の祭典「サイエンス・フェスティバル」等の学生スタッフ募集

 

  長州科楽維新プロジェクトが主催する「下関サイエンス・フェスティバル」及び「周南夢物語~科学スクエア~」を、YFL育成プログラム

200番科目「サービスラーニング基礎」の試行版として開講しますので、その学生スタッフを募集します。どちらに参加されてもOKです。 

 

[なぜやるの?]

  子どもの理科離れが課題となるなか、教育委員会・地方自治体・企業などと協力して、「科学に親しみ、科学を楽しむ」機会を提供し、

 理科・科学好きな人材の育成を進めていくとともに、地域の教育力の発展と地域力の向上を目的とした大規模科学イベント(参加者は1万

 人を超えます)です。

  また、学生スタッフは本プログラムにおける活動を通して、協働力や課題解決能力・挑戦・実践力を養うことも目的としています。

 

[昨年どんなことをやったの?]

  昨年度(2017年度)の「下関サイエンス・フェスティバル」では、山口大学や宇部工業高等専門学校をはじめ、地域の中学・高校から

 もスタッフとして参加があり、総勢約150名でさまざまな科学実験を小・中学生に提供しました。

 

  具体的には「固まる水のふしぎ」、「あたってびっくり!電気のふしぎ」、「目と耳のふしぎ」、「帰ってきたチリモンマスター!」など

 大人も楽しめる科学実験でした。

  当日の様子は下記URLに開催報告記事を掲載していますので御覧ください。

  http://www.yamaguchi-u.ac.jp/coc-plus/_5139/_5926/_6442.html

 

    
  ▲昨年度の科学実験の様子               ▲昨年度の科学実験の様子

 

[今年どんなことをするの?]

  今年度(2018年度)の「下関サイエンス・フェスティバル」は、2018年9月8日(土)と9日(日)の2日間で、シーモール下関

 周辺(下関市)において実施します。また、「周南夢物語~科学スクエア~」は2018年11月中旬の日曜日に1日間で、

 ザ・モール周南において実施する予定です。

  大規模なイベントの運営や子どもたちと関わることに興味関心がある学生は、下記「実施概要」をご一読いただき、奮って

 ご参加をお待ちしています。

 

 

●実施概要

 ・企画内容:科学の実験の企画運営やサイエンス・フェスティバルの全体運営等

  →参加希望者と担当教員との調整によって参加方法を検討します。

 

 ・開催日程:2018年9月8日(土)から9日(日)(下関市)または11月中旬頃の日曜日(周南市)

  →上記のイベント開催日程以外に簡単な事前・事後研修を予定しています。

 

 ・募集人員:それぞれ5名程度

 

 ・応募資格:学部・学年は不問

  →特別な科学の知識がなくても参加することは可能です。

 

 ・応募方法:下記「応募フォーム」から必要事項をご記入ください

 

 ・申込期限:2018年8月10日(金)16時まで

 

 ・注意事項:非正課科目、参加費無料(食費等は実費)

  →本プログラムは単位認定科目ではありません。

 

  
  

  ▲「サイエンス・フェスティバル」のチラシ(表)

 

   

   ▲「サイエンス・フェスティバル」のチラシ(裏)

 

 

 ●応募フォーム

 下記URLから必要事項をご記入ください。

 後日担当者から記載いただいた連絡先に詳細等をお送りいたします。

 ----------------------------------------------------------------

 https://business.form-mailer.jp/fms/8ef5b27991322

 ----------------------------------------------------------------

 (※)記入後1週間以内に返信等が届かない場合、記入漏れ等の可能性があります。

 もし詳細等の連絡が届かない場合は、下記「お問い合わせ先」の担当者へご連絡ください。

 

 

〔本件に関するお問い合わせ先〕

  窓口:COC+事業推進本部(山口大学内)

  担当:崎山(国際総合科学部 教授)、山下(学生キャリア教育コーディネーター)

  電話:083-933-5478(平日9時00分から17時00分まで)

  FAX:083-933-5473

  E-mail:coc-plus@yamaguchi-u.ac.jp

 

 

★「長州科楽維新プロジェクト」とは

  山口大学が中心となり参加機関と協力して、県内の小・中学生を中心に科学技術の楽しみを伝え、明日の科学技術立国日本を担う人材を

 育成することを目的としています。言うなれば、「現在科学技術版松下村塾」を作り出そうとしているのです。

  具体的には、各参加機関に長州科楽塾を設置し、科楽教室やものづくり教室等を実施すると共に、これらを結ぶ長州科楽塾ネットワークを

 構築し以下の活動を行います。

 

 ・科学塾奇兵隊による小中学校訪問(出前科楽教室)

 ・合同イベントの企画・運営協力(広告塔イベントの開催)

 ・ホームページの開設による合同広報、情報共有・活用

 ・楽しく学べる教材の開発

 ・科楽塾長・師範の養成

 ・科楽塾少年隊の創設  等

  【引用:長州科楽維新プロジェクト公式HP「長州科楽維新プロジェクトとは」より】

 

 長州科楽維新プロジェクトは、下関市や周南市のほかにも萩市・長門市等の地域でも科学実験イベントを予定しています。