やまぐち未来創生人材育成・定着促進事業
〔 地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)〕

YAMAGUCHI FRONTIER LEADER

「第20回みすゞ七夕笹まつり」にてYFL200番科目「サービスラーニング基礎(ミニ移動大学in仙崎)」を成果発信!

 

8月4日(土)午後、長門市仙崎みすゞ通りを会場に開催された「第20回みすゞ七夕笹まつり」において、山口大学 大学教育機構 林 透准教授、

工学部 鈴木 春菜准教授、YFL学生・工学部4年生(鈴木研究室)3名がYFL200番科目「サービスラーニング基礎(ミニ移動大学in仙崎)」の

成果発表を兼ねて出展を行いました。

 

 当日は、みすゞ通りにある山口大学サテライト施設「山口大学仙崎まちなか未来研究所」にブースを設け、

昨年度から取り組んでいるYFL200番科目「サービスラーニング基礎(ミニ移動大学in仙崎)」での学生提案資料の展示や

授業成果報告書の配布、さらには、今年2回実施した仙崎地区住民交流会の模様などを紹介したほか、山口大学ブランド商品「長州学舎」を

振る舞いました。

 

大西倉雄長門市長がブースを見学したほか、沿道を歩く住民との交流を図りました。

 

 今後は、これまでの授業や住民交流会の成果を活かしながら、9月28日(金)~30日(日)の3日間、長門市仙崎地区を舞台に、

YFL200番科目「サービスラーニング基礎(ミニ移動大学in仙崎)」を実施します。

 

 

      

        出展風景(その(1))             出展風景(その(2)) 

  

       

      メイン会場の賑わい               総踊りの風景