やまぐち未来創生人材育成・定着促進事業
〔 地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)〕

YAMAGUCHI FRONTIER LEADER

【開催報告】山口日産自動車課題解決型インターンシップ(PBI)全日程終了!~キッズルームの認知度を上げる施策を企画立案~

 

「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」の一環として、山口日産自動車が準備した「キッズルームの認知度向上企画」・課題解決型

インターンシップ(PBI)が8月3日に開始され11月14日に全日程が終了しました。

(※PBI:Project Based Internship)

 

≪オリエンテーション≫

 PBI開始に先立ち、山口大学にて、メンバー紹介、オリエンテーションを実施しました。

 

  

 

≪1日目≫

 山口日産自動車の本社会議室において、PBIが正課授業としてスタートしました。

 会議室で会社の概要説明を受けた後、社内のショールームを見学しました。会長も参加され、よい雰囲気でPBIが進められました。

 

   

 

 場所を、山陽小野田市にある今回のPBIの対象となる店舗に移し、実際のキッズルームを見学して情報収集を行いました。

 

   

   

≪2日目≫

 日産自動車のブランドイメージには香りもあるなどの情報を参考に、製作物の設計図を作成しました。

   

 

≪3日目~7日目≫

 事前準備した設計図をもとに、看板をつくりました。また、イベントで配布するプレゼントも手作りしました。

  

 

≪8日目≫

 企画、立案、製作したものを、検証する為のイベントを開催しました。

 絵本の読み聞かせやハロウィンのお面作りは、キッズルームを訪れた子供たちに大好評でした。

  

 

 みんなで手作りしたお面を着けて記念撮影。

   

≪最終日≫

 社長をはじめPBIに関わってくださった社員さんに向けて、報告会を開催しました。

   

 課題解決型インターンシップにおいて、現状分析における社内見学・現場調査から検討、施策実施、検証を行い、報告会が開催できたことは、

学生にとって貴重な経験と成果が得られたことと思います。また、受入れ企業においても、社員教育、大学と連携することによる職場活性化等に

役立ったと考えます。

 

<本件に関するお問い合わせ先>

 窓口:COC+事業推進本部(山口大学内)担当:三浦

 TEL:083-933-5478(平日9~17時)

 E-mail:coc-plus@yamaguchi-u.ac.jp