やまぐち未来創生人材育成・定着促進事業
〔 地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)〕

YAMAGUCHI FRONTIER LEADER

【山口大学】学生と企業がアイデアを共創!アイデアキャンプin常盤・吉田を実施しました!

 

 2018年11月3日から12月2日のうち4日間で、山口大学常盤キャンパスと吉田キャンパス、維新百年記念公園において、立場や年齢の異なる

企業の方々や他学部の学生と共に多様な学びを目指す「アントレプレナー基礎(アイデアキャンプ)」を開催しました。

 

 

  

 ▲Day1 オリエンテーションの様子

 

 

 本授業はYFL(Yamaguchi Frontier Leader)教育プログラムの200番科目として位置づけられ、1日目にオリエンテーションと参加企業の

情報収集を行い、2日目にグループワークの手法をトレーニングした上で、3・4日目に企業の方とアイデア出しを行いました。

 

 

  

 ▲Day2 アイデア出しのトレーニングの様子

 

 

 授業では「理想の働き方」、「魅力的にPRする方法」、「最高のインターンシップ」の3つを主なテーマとして事業協働機関の11社から

参加してくださった20名以上の方々と共に検討しました。

 

 各日程、共通のテーマで実施したプログラムでしたが、参加企業の特色と2年生のリアルな感覚を活かした提案になりました。現実的ではない

提案もあるかと思いますが、現実の積み上げではなく、理想からの逆算を意識したプログラムの設計を行い、体験していただきました。

 

 

  

 ▲Day3・4 企業からのプレゼンテーションやグループワークの様子

 

 

■参加いただいた事業協働機関(順不同)

 ・宇部興産株式会社

 ・新光産業株式会社

 ・不二輸送機工業株式会社

 ・吉南株式会社

 ・株式会社中国警備保障

 ・長州産業株式会社

 ・徳山興産株式会社

 ・株式会社宇部情報システム

 ・株式会社三友

 ・協和建設工業株式会社

 ・山口マツダ株式会社

 

 上記の企業の皆様にご協力いただき、誠にありがとうございました。

 

 

  

 ▲Day3・4 各グループによる成果発表中の様子

 

 

 参加した学生からは「企業の方とラフに話すことは、他ではできないものだと思う」、「意見を否定されるだろうと思い、発言することが苦手だった

けど、チームで受け入れてもらい、苦手意識がとても薄らいだ」、「知らない企業についてたくさん知ることができた」といった声がありました。

 

 また、参画いただいた事業協働機関のアンケートによると、「楽しく笑顔で意見を出し合うことも大切だと気づいた」、「学生時代にはない授業の在り

方で大変感銘を受けた」、「学生の意見を聴かないのはかなり遠回りだと気づいた」、「一緒に働いてみたいと思える学生もいた」、「次回も開催する

際には参加したい」といった、本プログラムの継続や発展を希望する声をいただき、盛会のうちに終了しました。

 

 

  

 ▲Day3・4 参加中の学生や企業の方の様子

 

 

 学生は本プログラムの参加をとおして、課題から新たなアイデアを生み出す課題解決能力やイノベーション力、異なる世代や大学・学部学科を超えた

チームでアイデアを生み出すチームワーク力において成長が見られたのはもちろん、参加していただいた方々との交流をとおして、事業協働機関の企業

の魅力について、深く理解させていただきました。

 

  

 ▲Day3・4 グループワークの振り返りの様子

 

 

▼同様の内容を開催レポートにまとめした!

 下記画像をクリックするとご覧いただけます。(PDFファイル)

 

 

 

〔本件に関するお問い合わせ先〕

  窓口:COC+事業推進本部

  担当:崎山、山下

  電話:083-933-5478(平日9時から17時まで)

  FAX:083-933-5473

 E-mail:coc-plus@yamaguchi-u.ac.jp

 

 

※この授業は、文部科学省の「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」に採択されたプロジェクトとして、

   山口の未来を担うYFL(Yamaguchi Frontier Leader)を育成する教育プログラムの200番科目(アントレプレナー基礎)

   として位置づけられています。