やまぐち未来創生人材育成・定着促進事業
〔 地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)〕

YAMAGUCHI FRONTIER LEADER

【ご紹介】COC+事業協働機関が「山口きらりカンパニー企業PR動画」の取材を受けました!

 

 2018年12月20日(木に、最先端医療機器、福祉用具及び救命救急機材を専門とし、岩国市に本社を置く総合商社でCOC+事業協働機関である

海井医科器械株式会社が、同じく事業協働機関であるtysテレビ山口が制作する「山口きらりカンパニー企業PR動画」の取材を受けました。

 

 この取組は、山口県及び山口しごとセンターが、学生に県内就職に興味をもってもらうことを目的として企画し、tysテレビ山口が委託を受けて、

COC+事業協働機関をはじめとする県内企業20社の企業紹介動画(山口きらりカンパニー企業PR動画)を制作するものです。

 

 この企画の特徴は、大学生が学生リポーターとして、企業の特長や若手社員の仕事、経営者のメッセージなどを学生ならではの視点で取材し、

その企業のキラリと輝く魅力を発信する点にあります。 

 

<取材当日の流れ>

 

 ①“若手社員”の仕事風景を撮影

 

     

 

  若手社員である山口営業所の岡村主任が、防府市の三田尻病院の病院長に自社の商品を説明される様子やご要望をお聞きする様子が撮影

  されました。

 

 

 ②“若手社員”にインタビュー

  

       

 

  本社に移動し、引き続き岡村主任が学生リポーターからインタビューを受けました。

  「患者様や医療関係者など関わる方々から感謝の言葉をいただいたときは素直に嬉しい。」

  「提案した商品が採用されたときはやり甲斐を感じます。」など仕事への思いをお話しされました。

 

 

 ③“部長”にインタビュー

 

   

 

  続いて、常務取締役・営業統括部の山根部長がインタビューを受けられました。

  「医療の進歩は目覚ましい。そのため、お客様の要望に迅速に対応できる有能な人材を育成している。」などお話しをされました。

 

 

 ④“社長”にインタビュー

 

     

 

  最後に、海井代表取締役社長がインタビューを受けられました。

  自社の使命は「治療を待っている患者様や医療現場の方々に必要な医療機器、最新の医療情報をお届けすること。」と語られ、

  求める人物像として「治療を待っている患者さまの気持ちがわかる方。まじめで何事にも一生懸命に取り組むことができる方。」と

  お話しされました。

 

 

 ◆学生リポーターが取材した20社の企業紹介動画は、本年度中(3月末予定)に山口しごとセンターのwebページ上で公開される予定です。

  本ホームページでもご案内いたしますので、どうぞご期待ください。

 

 

<参考:2017年度山口きらりカンパニー企業PR動画>

 https://www.youtube.com/channel/UCULRVcEEiFcSRba4H0WVT1w

 

 

<問い合わせ先>

 COC+事業推進本部(山口大学内)

 担当: 山崎

 電話:083-933-5478(平日 9時00分~17時00分)

 E-mail:coc-plus@yamaguchi-u.ac.jp