やまぐち未来創生人材育成・定着促進事業
〔 地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)〕

YAMAGUCHI FRONTIER LEADER

 【お知らせ】岩国市主催のキャリアイベント「就活をみんなで考えるセミナーin岩国」が開催されました。

 

 2019年1月12日(土)に開催された岩国市主催のキャリアイベント「就活をみんなで考えるセミナーin岩国」に、COC+事業推進本部の

山下学生キャリア教育コーディネータ-(以下、コーディネーター)と山口大学国際総合科学部4年の鳥飼勇人さんがパネリストとして

登壇しました。

 

  

 

 

 主に保護者を対象とした本イベントでは、第一部として、広島国際学院大学の竹元雅彦教授が「今就活市場で何が起きているのか」を

テーマに講演され、第二部として、「地元就職:岩国で働くこと」をテーマにパネルディスカッションが行われました。

 

  

 

 

 パネルディスカッションでは、パネリストとして、竹元教授、山下コーディネータ-、鳥飼さん、そして、岩国公共職業安定所の

上野浩治所長と地元の企業である株式会社カワトT.P.C.の村田典子取締役副社長が登壇されました。

 

 「岩国の労働市場、岩国で働くこと」「地元就職を決めた理由とその魅力」

「企業採用者の視点、採用したい若者とは」「UJIターンの現状」

「地元就職と定住定着への課題」等について、それぞれの立場から情報を提供し、意見交換を行いました。

 

     

 

   

 山下コ-ディネーターは、学生・保護者に県内の企業を知ってもらうこともCOC+事業の目標であると話しました。そして、県内企業等が

魅力を発信する「山口きらめき企業の魅力発見フェア(Jobフェア)」や、山口県と西京銀行が主催する県内企業と観光地を学生が実際に見て回る

バスツアー「若旅」、県内企業のインターンシップのマッチングを行う「山口県インターンシップ推進協議会」、県内企業情報を集約し、就職活動

全般の相談を受け付ける「山口しごとセンター」等について紹介しました。

 

  

 

 地元企業に就職することが決まっている鳥飼さんは、企業情報の収集について、情報を見ただけの先入観に囚われないように、実際に企業の人と

会うことを心がけていたと話しました。また、合同説明会に何度も参加するにあたっては、前回の反省を活かし、その都度目的意識を持って

臨むことで得られるものがあると話しました。

 

  

 

 

●パネリストとして登壇した二人からのメッセージ

 

 <山下コ-ディネーター>

  今回のイベントには、多くの保護者の方々が積極的ご参加くださいました。

  親御さん自身も、就職活動について学ぼうとする姿勢が素晴らしいと思います!

  そして、本会を主催した岩国市産業振興部 商工振興課と企画・運営をした学校法人YIC学院の皆さまに感謝申し上げます。

 

 <鳥飼勇人さん>

  ファーストキャリアを決めることは人生の中で大きな決断です。就活生はナイーブになっているので、保護者の皆さんは繊細に関わって

  いただければと思います。就活生の皆さんにお伝えしたいことは、自分が納得できることが大切だということです。納得感を得るためには、

  周りの人に相談をすること、足りないことは何かを意識すること、そして、インターンシップや合同説明会への参加、企業訪問など、

  実際に行動することが必要だと思います。

 

 

● 岩国市ホームページ:【報告】「就活をみんなで考えるセミナーin岩国~岩国キャリアイベント3~」が開催されました。
  https://www.city.iwakuni.lg.jp/site/kigyouseisaku/33179.html

 

 

 [本件に関する問い合わせ先]

  担当:COC+事業推進本部(山口大学内) 山下、山崎

  電話:083-933-5478(平日 9時00分~17時00分)

  E-mail:coc-plus@yamaguchi-u.ac.jp