やまぐち未来創生人材育成・定着促進事業
〔 地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)〕

YAMAGUCHI FRONTIER LEADER

【Jobフェア2019】学生コンシェルジュ事前研修会開催!

~*\学生コンシェルジュ/誕生*~

 

 

 

 山口きらめき企業の魅力発見フェア2019(Jobフェア)「学生コンシェルジュ事前研修会」を、山口大学において開催しました。

(※学生コンシェルジュとは、Jobフェア会場において、イベント参加に不慣れな学生・生徒等に対して、出展ブースの回り方などについて、ひとりひとりの希望に沿った案内をする学生スタッフのことです。)

 

<事前研修会日程>

◇A日程:10月1日(火)・8日(火) 18時00分〜19時00分

◇B日程:10月2日(水)・9日(水) 18時00分〜19時00分

(※学生は、A日程またはB日程のいずれか2日間に参加)

 

 

<1日目>

大学院生を含む19名の学生コンシェルジュが参加した本研修会は、まず、重松先生と山下コーディネーターから、事業の目的や学生コンシェルジュとしての心構えとその役割について、次に、三浦コーディネーターから、出展機関に関する情報収集の仕方とその紹介方法について説明されました。

 

   

初日終了時には、重松先生から受講生に向けて、「“こういう会社、働き方が世の中にあるんだ”ということを知ってもらうこと」というJobフェアの趣旨確認、そして、「Jobフェア出展企業の中から6社を選んで研究をしておくように」という課題が提示されました。

 

<2日目>

  はじめに、山下コーディネーターから受講生に向けて、学生コンシェルジュを新設した経緯について紹介されました。過去のJobフェアにおけるアンケート結果を示しつつ、ブースにどう行けば良いのかわからず、1ブースも訪問しなかった・できなかった学生がいたことが話され、そのような学生に「積極的に声をかけてほしい」というメッセージを伝え、プログラムがスタートしました。

 

  

 

同じく山下コーディネーターの進行のもと、実践対応力を養う目的で行われたロールプレイング形式による模擬練習では、初日受講した内容と課題に取り組んだ成果を存分に発揮する学生の姿が際だっていました。また、模擬練習とその振り返りを繰り返す過程では、重松先生をはじめとするJobフェア実行委員会スタッフを交え、活発な意見交換が繰り広げられてもいました。

 

  

 

最後に、重松先生から、具体的な対応例の紹介に続き、「相手のことを聞いてから次の話や質問をすること」「事業内容を添えて会社名を提示すること」そして、「わからないことは、その分野に詳しいコンシェルジュや教職員につなぐこと」等のアドバイスがあり、「学生コンシェルジュ事前研修会」は終了しました。

 

  

 

2日間にわたる事前研修会を修了した19名は、山口きらめき企業の魅力発見フェア2019(Jobフェア)において、\学生コンシェルジュ/として活躍する日を心待ちにしております!

当日は、スタッフジャンパー着用の\学生コンシェルジュ/が皆さまをお迎えいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

―――――――――――――――――――――――――――――

▶「Jobフェア2019」の概要は下記URLをご覧ください。

http://www.yamaguchi-u.ac.jp/coc-plus/fixing/_7852.html

―――――――――――――――――――――――――――――

 

 

〔本件に関するお問い合わせ先〕

窓口:山口きらめき企業の魅力発見フェア2019実行委員会事務局

    (COC+事業推進本部(山口大学内))

 担当:重松、山下、山崎

電話:083-933-5478(平日 9時00分~17時00分)

FAX:083-933-5473

E-mail:coc-plus@yamaguchi-u.ac.jp