やまぐち未来創生人材育成・定着促進事業
〔 地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)〕

YAMAGUCHI FRONTIER LEADER

事業の全体像

“オールやまぐち”で若者の山口での活躍を応援

山口県では、山口大学をはじめとする大学・短大・高専と自治体、県内企業が協力して学生の県内就職率向上の取り組みをスタートさせました。 文部科学省の「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」に採択されたプロジェクトで、中小都市が分散しそれぞれが独自の文化、産業構造を持つ山口県の特徴を生かしつつ、若くて優秀な人材の県内への定着を目指すこととしています。

文部科学省 地(知)の拠点平成27年度から、新たに「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」 をスタートさせました。若者の地元定着や企業が求める人材育成等を通じ、地方の人口減少と地域経済の縮小に歯止めをかけ、地方創生につなげることを目的とする事業で、全国で、「やまぐち未来創生人材育成・定 着促進事業」を含む42の事業が採択されました。この事業では、県内の大学、短大、高専が中心となって、地域が求める人材を育成するためのカリキュラムの改革、地方自治体や企業等との協働による学生への魅力 ある就職先の提供・創出など、様々な取組を進めていくこととしています。

文部科学省 | 地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/kaikaku/coc/

COC+事業での取組

地元で活躍するやまぐち未来創生リーダー(YFL)を育成するための教育プログラムを実施し、地域が求める6つの力を育成します。

YFL:Yamaguchi Frontier Leader

地元就職に有利となる企業情報や地元で活躍する企業人の生の声を 届ける機会を提供します。

「地域で働く」ことを実際にイメージできるような様々なイベント を実施します。

県・市・町や経済団体、関係機関と協力して、学生の起業や企業に おける新規事業化を支援し、新しい雇用の創出を後押しします。

やまぐちで働くメリット

高い実績を誇る、そして世界に通用する企業がたくさんあります。 また、売上が100億円を超える企業が約80社あり、これらを含む 200社が約40億円の売上を上げています。

同程度の規模の都市が分散していて、それぞれに独自の自然、文化 、産業があり、将来の生活への多彩な選択肢が提供できます。

地震が少なく、自然豊かで、伸び伸びした生活・子育てがしやすい のも特徴です。

東京と比較すると、生活コスト、通勤時間いずれも約半分で、ゆとりのある生活が実感できます。

山口県が実施した「就職意識等調査」

図:学生が就職又は進学を希望する地域
図:学生が就職を希望する企業の規模・職種

やまぐち未来創生人材(YFL)育成プログラム とは

全参加高等教育機関で同様の科目を準備、提供することとしています。

図:やまぐち未来創生人材(YFL)育成プログラム