入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > 教育・研究 > カリキュラム・ポリシー > 農学部 生物機能科学科

    農学部 生物機能科学科

     山口大学農学部では、食料・生命・環境に関する総合的な応用科学である農学に関する高度な教育を行い、先端的研究を通じて地域・社会の発展に貢献し、国際的に活躍できる人材を育成するため、以下の方針に沿って、教育課程を編成します。

     

    1.教育課程・教育内容

    (1)1年次には、「共通教育科目」及び「専門基礎科目」を履修し、世界の多様な文化・歴史に対する理解力及び高い倫理観などの一般的能力を養うとともに、現代農学及び生命科学の基礎となる生物学・化学・物理学並びに情報科学の基礎知識を修得します。また、生物機能科学の概念と学習・教育プログラムを把握し、自ら修学プランを立案する能力を養います。さらに、自分の考えを相手に伝えるためのコミュニケーション能力を養います。

    (2)2〜3年次には、まず専門教育の基盤となる「基礎理論系科目」を履修します。次に、実学的要素を含んだ「発展理論系科目」を通じて生化学並びに有機化学をさらに深く学び、農学基礎能力を高めます。また、「発展理論系科目」を履修し、応用生命科学並びに環境科学の知識を修得することで、現代農学及び生命科学の専門能力を養います。さらに「実験・実習系科目」では、当該分野の研究者・技術者として求められるバイオテクノロジーなどの専門的技法や考察力を身に付け、将来の進路を展望し、社会のニーズを理解したうえで自ら進むべき進路を決定する能力を養います。

    (3)4年次には、これまでに学んだ知識や専門的技法を活かして、未解明の課題について主体的に研究を行います。また、年度末には研究成果を卒業論文として執筆します。さらに、研究発表や討論を通じて、論理的思考力とプレゼンテーション能力を養います。

     なお、1年次〜4年次を通して継続的に英語コミュニケーション能力を養います。共通教育に引き続いて学部教育では専門分野に関する英語を学び、活躍の場を海外にも拡げられるように教育を行います。

     以上のような教育課程を通じて、食料・生命・環境の各分野が抱える諸問題について自ら解決法を模索し、当該分野の発展に貢献できる研究者・技術者となれるよう学修します。


    2.教育方法

    (1)学生の主体的学びを推進するために積極的にアクティブ・ラーニングを導入し、課題探求・解決学習・実践的教育を行います。

    (2)実験・実習科目においては、他者と協調・協働しながら自ら学ぼうとする態度を重視します。

    (3)理系科目の中でも特に生化学と有機化学に関する教育を充実させ、化学に対して深い理解力を持つ人材を育成します。


    3.学習成果の評価

    (1)講義科目においては、試験・レポート等に基づき、学修成果の到達度を厳格に評価します。また、実験・実習科目においては、学習態度・意欲も積極的に評価します。

    (2)4年間の学修成果は、4年次までの修得単位数に加え、提出された卒業論文を審査して総括的に評価を行います。

    (3)各科目とディプロマ・ポリシーの各項目間での対応関係並びに達成度を定量的に示し、学修成果の可視化並びに質保証を図ります。 

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.