入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)

    理学部 数理科学科

     山口大学理学部では、次のことを目標とし、数理科学科、物理・情報科学科(物理学コース・情報科学コース)、生物・化学科(生物学コース・化学コース)、地球圏システム科学科(地域環境科学コース・環境物質科学コース)の4学科おいて、それぞれディプロマ・ポリシーとカリキュラム・ポリシーを掲げ、教育を行っています。
    ・幅広い教養と自然科学分野の専門知識を身につける。
    ・物事に対し論理的な考察ができ、柔軟な発想ができる能力を身につける。
    ・基礎科学の分野に限らず、応用的な分野でも社会に貢献できる能力を身につける。

    1.科目配置
    (1) 全学共通教育科目における教養コア科目、英語科目、一般教養科目、専門基礎科目では、各自が高等学校までに得た知識・技能をもとに、汎用的技能、語学力、多文化・異文化に関する知識及び社会に出た後に最低限必要となる理系の基礎知識を身に付けます。特に、1 年次から2 年次前期の「基礎セミナー」、「数理科学入門セミナー」、「数理科学基礎セミナー」では、能動的学修に必要となるコミュニケーション・スキルを学び、少人数体制での実践を通じてその重要性を学修します。
    (2) 1・2 年次における専門必修科目「線形代数基礎I・II」、「線形代数学I・II」、「集合と位相I・II」、「微分積分学I・II・III」で、代数学、幾何学、解析学の基礎となる知識を体系的に身に付けます。また、「数理情報処理基礎」、「数理情報処理I・II」では、基本的な情報リテラシー、及び数学の問題解決を題材としたプログラミングの基礎を身に付けます。さらに、「現代数学展望」では、現在学んでいる基礎が、今後専門分野にどのようにつながっていくのか、また他分野でどのように応用されているのかを学修します。
    (3) 3・4 年次における専門選択必修科目「代数学」、「幾何学」、「解析学」、「応用数理」、「情報数理」及び選択科目「代数学展開I・II」、「幾何学展開I・II」、「解析学展開I・II」、「応用情報数理展開I・II」では、専門必修科目で身に付けた知識をさらに発展させ、より専門性の高い知識を身に付けます。
    (4) 3 年次後期からは研究室に所属し、教員の指導のもとで「数理科学発展セミナー」、「特別研究」を行います。より専門性の高い課題をこれまでの学修内容を統合的に用いて解決し、第三者にその過程を論理的に解説する総合的な学修経験によって、論理的思考、創造的思考、またより実践的なコミュニケーション・スキルを育みます。
    (5) 意欲の高い学生に対してはサイエンス実習等の実習系科目を配置し、それまでに修得した知識・技能を応用する能力や、自ら学修計画を立て、主体的な学びを実践し、わかりやすくプレゼンテーションを行う能力を養います。

    2.成績評価・授業改善
    (1) 講義及び演習系の科目は、科目ごとに設定された評価基準に従って、試験・レポート・授業や演習に取り組む姿勢を公正かつ厳格に評価します。
    (2) 教員の指導のもとで取り組む「数理科学発展セミナー」、「特別研究」では、論理的思考、創造的思考、コミニュケーション・スキルの能力と達成度を、さらに提出された卒業論文の内容を公正かつ厳格に評価します。
    (3) 実習科目では、設定した目標の達成度とともに、そこに至るまでの計画性、自主性、 成果のプレゼンテーションを総合的に公正かつ厳格に評価します。
    (4) 授業科目ごとに学生による授業アンケートを実施し、その結果に基づき授業方法の改善を行っていきます。

    3.学生指導・学修支援
     定期的に面談を行い、主体的な学びを実践できるように履修指導を行います。特に、単位取得状況や成績評価指標(GPA)をもとにディプロマ・ポリシーの達成が困難な学生を早期に把握し、学生の学修方法、学修過程のあり方を具体的に指導します。
    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.