入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > 教育・研究 > カリキュラム・ポリシー > 医学系研究科 博士前期課程 保健学専攻

    医学系研究科 博士前期課程 保健学専攻

     山口大学大学院医学系研究科では、医学・保健学領域において、専門的な知識と技術、研究能力、並びに豊かな人間性と高度な倫理観を備えた人材を育成します。その目的のため、医学専攻・保健学専攻の2専攻を編成し、以下の方針に基づいた教育課程を展開します。

     保健学専攻博士前期課程では、ディプロマ・ポリシーに掲げる人材を養成するために、共通教育科目、専門教育科目を体系的に編成し、教育内容、 教育方法及び学修成果の評価についての方針を以下に定めます。

    1.教育課程・教育内容
    (1)医療の高度化に対応できる高度な知識と能力を有する専門職業人、地域保健・医療行政を担うことができる、すなわち地域医療の実践の場や、国・県・市町村の保健行政を担うことができる管理・運営能力のある人材、さらに専門領域の研究を深め、専門分野の学問の体系化に貢献できる教育研究者を養成するため、「共通科目」及び看護学領域、生体情報検査学領域それぞれの領域別「専門科目」からなる教育課程を編成します。
    (2)看護学領域は、保健学専攻(博士課程前期)が目指す人材育成を可能にするために、次の2つの研究分野を設けています。
    [1]基礎・地域看護学
      基礎看護学では、看護学の理論体系と方法論について、学際的な観点に立った教育・研究を行い、科学的・論理的思考能力、創造的探求心及び倫理性に基づく判断力を育成します。また、看護の概念を探求し、安全で質の高い看護サービスを提供するための看護管理のあり方や方法論等について研究指導をします。
    地域看護学では、複雑・多様化する地域社会の現状を踏まえ、健康問題を引き起こす社会背景を、地域特性から判断し、個人、家族、集団、地域全体を対象とした地域住民に対する健康づくりの方法、地域保健活動の方法や評価などについて研究指導を行います。
    [2]臨床看護学
    この領域では、8つの看護学領域で教育研究を行います。クリティカルケア看護学では、救急医療、集中治療の看護、急性期・周手術期看護に関するアセスメント、看護技術、精神的ケア、家族看護などのテーマを、がん看護学では、がんの診断期から終末期の患者の看護及び家族への看護をテーマに、成人看護学では、慢性疾患・慢性的機能障害を有する成人患者及び終末期にある患者が病をコントロールし、質の高い生活を獲得・維持するための看護に貢献する看護研究などの教育及び研究指導を行います。精神看護学では、精神障害者のリカバリーに必要な看護について探究し、退院支援や権利擁護、地域包括的ケアなどをテーマに教育及び研究指導を行います。母性看護学、小児看護学、遺伝看護学では、マタニティ・サイクルにある女性及び乳幼児やリプロダクティブヘルス/ライツと発達に関する健康課題、子育て支援や性教育、小児看護領域の様々な課題、「遺伝」に関わる問題について、専門的な知識・技術に裏付けられた質の高い看護ケアのあり方を探求し、研究指導を行います。
    老年看護学では、高齢者やその家族の QOL や生きがいについて探求し、高齢者の支援システムなどに関するテーマについて研究指導をします。
    (3)専門看護師コース
    博士前期課程の専門職業人育成という設置目的から、看護学領域に専門看護師コースを設置しています。本学は、2領域が専門看護師教育課程として認定されています。急性・重症患者看護専門看護師コースでは、急性・重症患者看護に関する専門的知識と技術を深め、専門看護師としての実践能力を育成するとともに、論文作成に向けた研究指導も行います。
    また、がん看護専門看護師コースでは、がん看護に関する高度な知識、技術を用い、がんの予防や健康教育とともに、がん治療に伴う看護及び治療後の生活調整を支援し、がん患者の体験する症状、精神的苦痛の緩和やがん終末期ケアが提供できる高度な能力を修得させ、専門看護師としての実践能力を育成するとともに論文作成に向けた研究指導を行います。
    (4)生体情報検査学分野では、新たな検査技術、検査方法を研究し、臨床検査の独自性をうち立てることのできる臨床検査技師を育てることを目的とします。
    本分野は、分子細胞解析学、細胞情報解析学、病原体情報解析学、高次神経情報科学、遺伝情報検査学、検査診断情報学、機能情報解析学、病態応用検査学の8つの基礎科目で構成され、生体から得られる様々な情報を多様な視点から的確に把握し、分析して、疾患発生の可能性や、経過や予後の判定に資することのできる理論や技術を研究すると共に、新な技術や機器の開発を目指した研究指導を行います。
    (5)臨床培養士(再生医療・細胞療法)育成コースについて
    博士前期課程の専門職業人育成という設置目的から、生体情報検査学領域においては、次世代の医療技術として期待される再生医療・細胞療法を担う高度な医療専門職業人(臨床培養士)の育成を目指した教育コースを設置します。再生医療・細胞療法学特論では、医学系研究科の教員と先端医療振興財団及び日本再生医療学会の専門講師のオムニバス教育により臨床培養士に必要な専門知識を教授します。さらに、再生医療・細胞療法学演習では、本学附属病院の関連施設において実践参加型教育プログラムにより専門技術を修得させると共に、再生医療・細胞療法に関する研究指導を行います。

    2.教育方法
    (1)授業科目
    授業科目は、講義2単位、演習2単位、特別研究10単位で構成しています。
    なお、特別研究は各専門領域の修士論文のテーマに沿った研究指導を行います。
    (2)履修方法
    指導教員の助言のもと、次のとおり30単位以上を履修します。
    ○ 保健学専攻共通科目の中から選択必修科目4単位を含め、6単位以上を選択する。
    ○ 教員の指定するそれぞれの領域の専門科目のうちから、 必修科目である特別研究10単位を含め、14単位以上を履修する。
    ○ 残りの10単位の履修については、共通科目も含め他の分野における専門科目も選択対象とすることができる。

    [1]「特論」は座学を中心とするが、学生の主体的な学びを推進するため、参加者でのディスカッションを適宜取り入れ、課題探求・解決学習、実践的教育を行います。
    [2]「演習」では、研究活動に直結する文献検討、データ解析、実験等を行います。 
    [3]特別研究は、指導教員と相談のうえ、解決すべき問題に対する研究計画の策定、研究遂行及び論文作成を行う。コミュニケーションやディベートの能力も養成し、問題解決能力、プレゼンテーション能力向上のための指導も受けます。

    3.学修成果の評価
    (1)レポート、試験、プレゼンテーション及び研究成果等を点数化し、厳格に評価します。
    (2)学修成果の可視化並びに質保証を図るために、各科目とディプロマ・ポリシーの各項目の定量的対応関係並びに各項目の達成度を定量的に示します。
    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.