入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > 教育・研究 > カリキュラム・ポリシー > 創成科学研究科 博士後期課程 自然科学系専攻、システム・デザイン工学系専攻、環境共生系専攻、物質工学系専攻、ライフサイエンス系専攻

    自然科学系専攻

     山口大学大学院創成科学研究科自然科学系専攻は、数学、物理学、化学、地学及び情報科学の5分野の発展に即した体系的な教育・研究を行い、自然の原理を知り、活かし、豊かな人類社会の実現に貢献することのできる、創造性や柔軟性に富む研究者や高度専門職業人を育成するため、以下の方針に沿って、教育課程を編成します。 

     

    1.専攻基盤科目である最先端自然科学研究科目を広く履修することで、自然科学分野に関する先端的な専門的知識や技術を身に付ける。 
    2.主体的に研究をおこない博士論文をまとめることで、自然科学分野において自立して独創的な研究を遂行できる能力を身に付ける。 
    3.自然科学系専攻の専門科目を広く履修することで、自然科学の分野の研究成果を基に、自然と人類の共生という観点にたって新しい価値を創造し、社会の課題解決に役立てる能力を身に付ける。 
    4.イノベーション教育科目であるリサーチメソドロジー特論、イノベーション特論、技術ロードマッピング特論を履修することで、自然の原理を学んで応用し、新しい価値の創造(イノベーション)ができる能力を身に付ける。 
    5.研究基盤科目であるサイエンティフィック・ライティングの履修、国内外で開催される国際的な学術的会合での研究成果発表及び国内外で出版されている国際的な専門雑誌への投稿を通して、国際的に活躍できる英語能力を身に付ける。 
    6.自然科学特別講究、自然科学ゼミナール、数理複雑系科学特論、自然システム科学特論及び研究基盤科目であるプレゼンテーション特論を履修することで、 多種多様な分野で活躍できる論理的思考力、コミュニケーション能力及びプレゼンテーション能力を身に付ける。 
    7.研究基盤科目の必修科目である研究者行動規範特論、知的財産特論を履修することで、研究行為に関する倫理観及び知的財産に関する基礎知識を身に付ける。 
    8.キャリア教育科目を履修することによって、キャリアパスを意識し、将来にわたって自らのキャリア展開に活用できる能力を身に付ける。

    システム・デザイン工学系専攻

     山口大学大学院創成科学研究科システム・デザイン工学系専攻は、グローバルに活躍する技術者に必須の高い倫理観と、知的財産に関する知識を有し、機械工学、電子システム工学、電力システム工学、情報・通信工学における自らの専門分野に関する高い問題発見及び解決能力を有するばかりでなく、専門周辺分野に関しても幅広い知見を有し、長期的な展望をもってプロジェクト全体を牽引してイノベーション創出を遂行する能力を有する人材を育成するため、以下の方針に沿って、教育課程を編成します。

     

    1.研究科共通科目の研究基盤科目である研究者行動規範特論及び知的財産特論を履修することで、研究者としての高い倫理観を涵養するとともに知的財産に関する基礎知識を身に付ける。 
    2.研究科共通科目のイノベーション教育科目群を履修することで、イノベーション創出のための基礎知識を身に付ける。 
    3.研究科共通科目のキャリア教育科目群を履修することで、課程修了後のキャリアデザインを自ら行えるようになるための知識を得るとともに、実務を通して研究成果の製品やサービスへの展開に関する知識を身に付ける。 
    4.専攻基盤科目の最先端自然科学研究科目、科学・技術英語特論S、システム・デザイン工学ゼミナールⅠ、Ⅱを履修することで、関連研究分野を横断する幅広い知識を身に付けるとともに、国際的に活躍できるコミュニケーション能力及び英語能力を身に付ける。 
    5.専門科目の情報システムに関連した科目群を履修することで、情報の収集、伝達、蓄積、処理、表示を高速でかつ安全に行うための基礎技術を修得し、高度な情報システムをデザインし構築できる能力を身に付ける。 
    6.専門科目の電子計測制御に関連した科目群を履修することで、設計生産の管理、デザインされた製品モデルの形状計測などの電子計測制御技術に関する能力を身に付ける。

    環境共生系専攻

     山口大学大学院創成科学研究科環境共生系専攻は、安全・安心で低炭素な持続可能社会を実現するために環境調和型の科学技術体系を俯瞰でき、先進的な課題を通してグリーンイノベーションに貢献できる人材及び人間活動と自然環境とが共生した循環型社会実現のために、都市、農村、家庭や個人を基礎単位とした建築などの生活空間及び社会基盤を安全で快適に築きあげる総合的な環境技術分野を俯瞰できる国際的な人材を育成するため、以下の方針に沿って、教育課程を編成します。 

     

    1.専門科目である環境共生系科目群から専攻分野を深く履修することで、環境共生分野に関する先端的な専門的知識や技術を身に付ける。 
    2.自律的研究を行い博士論文をまとめることで、環境共生系分野において自立した独創的な研究を遂行できる能力を身に付ける 
    3.イノベーション教育科目であるリサーチメソドロジー特論、イノベーション特論、技術ロードマッピング特論を履修することで、研究成果をイノベーションに結びつけるための技術経営に関する基礎知識を身に付ける。 
    4.研究基盤科目である研究者行動規範特論、知的財産特論を履修することで、研究行為に関する倫理観及び知的財産に関する基礎知識を身に付ける。 
    5.最先端自然科学研究科目をはじめとする専攻基盤科目を履修することで、環境共生系分野の最先端の専門的知識及びそれらを国際的に展開できる高度なディスカッション力、プレゼンテーション力を身に付ける。

    物質工学系専攻

     山口大学大学院創成科学研究科物質工学系専攻は、進展の速い材料・デバイスの技術革新に対応でき、ナノ・テクノロジーに基づく高度な専門性、研究能力を有する人材並びに材料・デバイス開発に必要な一連の知識、技術を幅広く身に付け、それらを俯瞰的にマネジメントできる人材の育成に主眼を置きます。さらに、オープン・イノベーション時代において、グローバルな視点を持ち、英語に堪能で、自分の研究以外にも世界中の英知を利用し、タイプの異なる研究者からなるチームで、スピーディーに新しいものを生み出す能力を養成します。このような目的のために、以下の方針に沿って教育課程を編成します。 

     

    1.研究科共通科目のキャリア教育科目であるキャリアデザインⅡ、学外特別研修Ⅱ、長期インターンシップⅡを履修することで多種多様な研究者とのコミュニケーション力やチームとして力を発揮できるチーム力、さらには世界中から必要な情報を得るネットワーク力を養う。 
    2.研究科共通科目のイノベーション教育科目であるリサーチメソドロジー特論、イノベーション特論、技術ロードマッピング特論、製品開発特論を履修することでイノベーションを効果的に起こすために必要な課題探究力を養い、自己の研究を客観的に位置づけて他者の研究を評価できる能力を養う。 
    3.研究科共通科目の研究基盤科目であるサイエンティフィック・ライティングを履修することにより世界で活躍できる語学力を養う。 
    4.専攻基盤科目の必修科目である最先端自然科学研究科目や物質工学特別講義を履修することで幅広い研究分野を網羅的に統合する能力を養う。 
    5.専門科目の応用物理系科目群及び応用化学系科目群を履修することで、材料・デバイス開発のための基礎理論から、設計、プロセス、特性評価、応用開発までの一連の幅広い技術を理解し、実践できる能力を養う。

    ライフサイエンス系専攻

     山口大学大学院創成科学研究科ライフサイエンス系専攻は、医工学、分子生命科学、農学生命科学の分野で先端的な専門的知識や技術を修得し、医療・製薬・バイオ・食品関連の企業や各種研究機関で活躍できる高度専門技術を有する人材を育成するため、以下の方針に沿って、教育課程を編成します。
     
    ○応用医工学コース
    1.「研究科共通科目群」を履修させることで、理工農学分野の研究者及び高度専門職業人として共通に必要とされる倫理規範及び社会的・職業的自立への心構えを涵養し、知的財産やイノベーションに関する知識や方法を修得させる。 
    2.「専攻基盤科目群」を履修させることで、積極的な学会などへの参加により最先端の関連自然科学の展開を主体的に把握する姿勢を身に付けさせ、ライフサイエンスに関する医学、理学、工学、農学分野の知識を幅広く修得させる。 
    3.「専門科目群」を履修させることで、医工学分野に関する先端的な専門知識に対する理解を深め、医療・製薬・バイオ・食品関連の企業や各種研究機関で活躍できる高度専門技術者を目指す上で必要な素養を身に付けさせる。 
    4.「博士論文研究」で、指導教員の教育・研究指導の下、博士論文作成を行わせ、生体情報のデジタル化や先端的医療機材開発のために必要な高度な専門的技術・知識とそれに基づいた課題解決能力を修得させるとともに、自立して独創的な研究を遂行できる能力を養成する。 

    5.「長期インターンシップⅡ」及び「学外特別研修Ⅱ」により、国内外の企業や海外の大学での研修の機会を与え、大学内では得られないグローバルな経験による国際的視野の涵養や職業理解を図る。

     

    ○応用分子生命科学コース
    1.「研究科共通科目群」を履修させることで、理工農学分野の研究者及び高度専門職業人として共通に必要とされる倫理規範及び社会的・職業的自立への心構えを涵養し、知的財産やイノベーションに関する知識や方法を修得させる。 
    2.「専攻基盤科目群」を履修させることで、積極的な学会などへの参加により最先端の関連自然科学の展開を主体的に把握する姿勢を身に付けさせ、ライフサイエンスに関する医学、理学、工学、農学分野の知識を幅広く修得させる。 
    3.「専門科目群」を履修させることで、分子生命科学分野に関する先端的な専門知識に対する理解を深め、医療・製薬・バイオ・食品関連の企業や各種研究機関で活躍できる高度専門技術者を目指す上で必要な素養を身に付けさせる。 
    4.「博士論文研究」で、指導教員の教育・研究指導の下、博士論文作成を行わせ、生命機能の解明やその応用のために必要なバイオインフォマティクス解析を含む先端的専門技術・知識とそれに基づいた課題解決能力を修得させるとともに、自立して独創的な研究を遂行できる能力を養成する。 

    5.「長期インターンシップⅡ」及び「学外特別研修Ⅱ」により、国内外の企業や海外の大学での研修の機会を与え、大学内では得られないグローバルな経験による国際的視野の涵養や職業理解を図る。

     

    ○農学生命科学コース
    1.「研究科共通科目群」を履修させることで、理工農学分野の研究者及び高度専門職業人として共通に必要とされる倫理規範及び社会的・職業的自立への心構えを涵養し、知的財産やイノベーションに関する知識や方法を修得させる。 
    2.「専攻基盤科目群」を履修させることで、積極的な学会などへの参加により最先端の関連自然科学の展開を主体的に把握する姿勢を身に付けさせ、ライフサイエンスに関する医学、理学、工学、農学分野の知識を幅広く修得させる。 
    3.「専門科目群」を履修させることで、農学生命科学分野に関する先端的な専門知識に対する理解を深め、医療・製薬・バイオ・食品・アグリ関連の企業や各種研究機関で活躍できる高度専門技術者を目指す上で必要な素養を身に付けさせる。 
    4.「博士論文研究」で、指導教員の教育・研究指導の下、博士論文作成を行わせ、食料、生命、環境の解析や応用のために必要な先端的専門的技術・知識とそれに基づいた課題解決能力を修得させるとともに、自立して独創的な研究を遂行できる能力を養成する。 
    5.「長期インターンシップⅡ」及び「学外特別研修Ⅱ」により、国内外の企業や海外の大学での研修の機会を与え、大学内では得られないグローバルな経験による国際的視野の涵養や職業理解を図る。
    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.