入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > 教育・研究 > ディプロマ・ポリシー > 農学部 生物資源環境科学科

    農学部 生物資源環境科学科

     山口大学農学部では、食料、生命、環境に関する総合的な応用科学である農学に関する高度な教育を行い、先端的研究を通じて、地域、社会の発展に貢献し、国際的に活躍できる人材を育成します。生物資源環境科学科と生物機能科学科の2学科において、それぞれディプロマ・ポリシーを掲げて、相互に協力しながら研究・教育を行っています。

     

     生物資源環境科学科では、人類の生存を支える食料を効率的かつ安全に生産し、生態環境の保全に配慮しながら農業を実践できる理論と技術を有する人材を養成することを目的とします。所定の期間在学し、所定の単位を修得することで、本学科の人材養成目的に適う、次の知識や能力を身に付けた学生に「学士(農学)」の学位を授与します。

    1.修学・進路計画能力
     生物資源環境科学科において何を学ぶかを理解し、そのための学習・教育プログラムを把握して自ら修学プランを立案できます。また、関連機関・産業界から求められる人材像を理解し、将来の進路を自ら決定することができます。

    2.一般基礎能力
     語学、人文、社会系科目を含む幅広い教養を身に付けています。生命倫理も学んでおり、社会に対する責任感を身に付けています。

    3.農学基礎能力
     農学が自然科学や社会科学を基礎として成り立つ実学(実用的学問)であることを理解し、その基礎的知識を身に付けています。

    4.農学専門応用力
     生物資源環境科学に関する学術分野の専門知識を有し、知識を統合して活用できます。それらを用いて実社会での諸問題の解決方法を合理的に導き出すことができる能力を身に付けています。

    5.情報処理能力
     農業統計や基礎的な情報処理技術に関する知識を有しており、コンピュータを使ってデータを適切に解析し、生物生産、環境計測・保全、農業経営などにおける農学の諸問題を調査・分析することができます。

    6.課題解決力

     6-1.農学研究能力

      実社会にみられる農学に係る問題に気づき、これに対して調査・分析し、得た結果を論理的に考察することができます。他者と議論を重ねながら自ら解決方法を発想して成果をあげることができます。また、研究経過をレポートにまとめ、わかりやすくプレゼンテーションすることができます。

     

     6-2.現場における課題解決力

      農業や農学の対象となる現場を理解し、そこに存在する様々な課題を協調性をもって解決していくことができます。地域における将来の指導者となる素養を身に付けています。


    7.自己研鑽能力
     どのような状況においても、独立した個人として活躍することができ、自己の能力を継続して向上させていこうと志向します。本学で学ぶ論理的思考力を基に、農学研究能力や現場対応能力を独自に高め続けていく力を身に付けています。
    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.