入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)

    医学部 保健学科

    看護学専攻

     山口大学医学部保健学科看護学専攻では、看護職者として、医療の変化や国際化に対応でき、急速に進歩している医療・看護に対応し高度な医療チームの一員として活躍できるとともに、地域医療の向上に貢献できる人材を養成することを目的としており、所定の期間在学し、所定の単位を修得し、本専攻の人材養成目的に適う、次の知識・能力を身に付けた学生に「学士(看護学)」の学位を授与します。

    1.知識・理解
     ・社会の要請に柔軟に対応する、幅広い教養を持った医療の担い手として社会の変化に対応する基本的能力を身に付けています。
     ・急速に進歩している医療・看護の状況を正しく理解し、安全で適切な看護を提供するための基礎的能力を身に付けています。

    2.看護実践能力・コミュニケーション能力
     ・臨床実習での学習により、チーム医療の一員として活躍する能力を身に付けています。
     ・高度なチーム医療を担う一員として、他の職種の役割を理解し、円滑なコミュニケーションを図ることができ、協力関係を築き、発展させる能力を身に付けています。

    3.論理的思考力・研究基礎能力
     ・看護学の各分野について、情報や知識を複眼的、論理的に分析し、的確に表現できるプレゼンテーション能力を身に付けています。
     ・看護学を確立し、発展させることができるように、看護研究に必要な基礎的能力を身に付けています。

    4.課題解決力(問題解決力)
     保健・医療に関する種々の課題を見出し、解決に必要な情報を収集・分析・整理し、その課題(問題)を確実に解決できる能力を身に付けています。

    5.国際性
     ・実践的英語能力を養い、医学・医療の国際化に対応する能力を身に付けています。
     ・世界レベルの健康問題について認識できるように、語学を含む基礎的能力を身に付けています。

    6.地域性
     地域の保健・医療のニーズに合った活動を計画・遂行する手法を身に付けています。

    検査技術科学専攻

     山口大学医学部保健学科検査技術科学専攻では、高度な医療専門職業人として、医療の変化や国際化に対応でき、医療チームの一員として活躍できるとともに、地域医療の向上に貢献できる人材を養成することを目的としており、所定の期間在学し、所定の単位を修得し、本専攻の人材養成目的に適う、次の知識・能力を身に付けた学生に「学士(保健学)」の学位を授与します。

    1.知識・理解
     ・社会の要請に柔軟に対応する、幅広い教養を持った医療の担い手として社会の変化に対応する基本的能力を身に付けています。
     ・急速に進歩している医療状況を正しく理解し、高度で信頼性の高い臨床検査を提供するための能力を身に付けています。

    2.検査技術実践能力・コミュニケーション能力
     ・臨床実習での学習により、チーム医療の一員として活躍する能力を身に付けています。
     ・チーム医療を担う一員として、他の職種の役割を理解し、円滑なコミュニケーションを図ることができ、協力関係を築き、指導者となれるような素養を身に付けています。

    3.論理的思考力・研究基礎能力
     ・検査技術学の各分野について、情報や知識を複眼的、論理的に分析し、的確に表現できるプレゼンテーション能力を身に付けています。
     ・検査技術学の確立や発展に寄与できるように、医療研究に必要な創造性、思考力、語学力などの基礎的能力を身に付けています。

    4.課題解決力(問題解決力)
     保健・医療に関する種々の課題(問題)を見出し、解決に必要な情報を収集・分析・整理し、その課題(問題)を確実に解決できる能力を身に付けています。

    5.国際性
     ・実践的英語能力を養い、医学・医療の国際化に対応する能力を身に付けています。
     ・外国学生との交流や海外の専門書を読むことなどで、世界レベルの医療問題を認識する基礎的能力を身に付けています。

    6.社会性的責任
     個人情報管理、研究倫理、知的財産の管理に関する知識を習得し、その内容について適切に説明できる能力を身に付けています。
    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.