入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > 大学紹介 > 明治維新150年記念 清酒「薩長同盟」誕生

    明治維新150年記念 清酒「薩長同盟」誕生

    プロジェクトについて

     明治維新の原動力となった薩長同盟をゆかりとした鹿児島市と山口市は、明治維新150年の節目を契機とし、新たな薩長のヒト・モノの交流と次代に繋がる地方創生のプロジェクトを開始しました。そのプロジェクトのひとつ「食・農業・観光ProjectⅠ」の取組において、清酒「薩長同盟」が商品化の運びとなりました。


     清酒「薩長同盟」は、幕末に坂本龍馬の仲介により長州から薩摩に米が運ばれたという歴史に着想を得て、山口大学農学部が有する酒米栽培に関する技術支援を行い、鹿児島大学農学部と連携協力して、山口県産の酒米「山田錦」を鹿児島市内で栽培育成し、収穫した酒米を山口市内の酒造メーカーで醸造した日本酒です。酒米「山田錦」の栽培育成には、両大学の学生や地元の小学生などが携わりました。


    また、「食・農業・観光ProjectⅠ」では、全国的にも人気の山口の日本酒の他に、鹿児島の特産品でもある芋焼酎にも着目し、鹿児島大学と鹿児島市の焼酎酒販メーカーにおいて、酒米「山田錦」を米麹として使用した芋焼酎が現在商品化に向けて進んでいるところです。


     明治維新150年を契機とした本取組により、産学官農の連携による技術交流や相互支援、学生など若い世代の参画による地域農業の活性化や経済循環が図られ、未来へ繋がることを期待しています。


     なお、プロジェクト全体のマネジメントは、平成23年10月の鹿児島商工会議所と山口商工会議所の友好盟約締結を踏まえ、昨年6月に発起した「明治維新150年温故知新薩長同盟会議」が担い、薩長同盟をゆかりとした自治体との経済交流等の促進に取り組んでいます。


    酒米づくりについて

     山口大学と鹿児島大学のかかわりについて  

      山口大学では平成20年から農学部附属農場で山口県オリジナル酒米品種「西都の雫」を栽培し、平成21年には山口大学の清酒「長州学舎」が商品化されました。近年では、全国でも人気となっている山口県の地酒や酒造に関心をもつ学生も多く、山口大学農学部生物資源環境科学科の「地域農業実習」で山口県の酒米生産をテーマに実習に取り組む学生もいます。
     鹿児島大学食料生命科学科では、焼酎発酵・微生物科学コースを設置し、焼酎の生産から商品デザインまでの一貫した先進的教育を進めています。また、農業生産科学科でも、焼酎の原料となるサツマイモの研究が進められています。
     このような背景をもとに、両大学が連携しプロジェクトの課題に取り組んでいます。

     

     

    産地の紹介
     栽培地となった鹿児島市生見は、鹿児島市の中心部から車で1時間、指宿からも30分と九州の南端近くに位置しています。酒米の適地に比べると玄米が実る登熟期にやや温度が高く、米が厚く実らない可能性があります。また、台風の経路となることも多く、稲が酷く倒れてしまう危険性も高いです。
     栽培では、このような土地柄を考慮して、背の高い「山田錦」をいかにうまく栽培するかに注力しました。


     

    圃場の様子~田植えから収穫まで~ 

     

              平成29年6月24日 田植え          平成29年9月27日 台風による倒伏

     

            平成29年10月21日 収穫          田植え・収穫などには両大学の学生、

                                 地元鹿児島の小学生らが携わりました。 

     


    「特等」をとれたことの紹介
     平成29年は台風が出穂後に3回来ましたが、管理により最低限の収穫量は得ることができました。倒れた稲の穂からは、穂についたまま籾が発芽してしまう「穂発芽」が起きているものもありましたが、これらを選別した結果、玄米品質は特等となりました。

     

    清酒「薩長同盟」について

    日本酒作りについて

     坂本龍馬は、当時敵対していた「武器が欲しい」長州藩と兵糧米が不足し「米が欲しい」薩摩藩の互いの思惑を満たして薩長同盟を成立させ、近代国家への幕が開けました。

     このストーリーをもとに、明治維新150年を契機に、酒米栽培の実績がほとんどない鹿児島に山口県産山田錦の種籾を持ち込み、山口大学農学部と鹿児島大学農学部が協力して栽培し、山口の酒蔵で醸造しました。鹿児島での山田錦の栽培技術確立のため手を組んだ、現代の長州と薩摩の熱い想いが詰まった日本酒です。

     ラベルについては、薩長同盟を締結した「西郷隆盛」「木戸孝允」、2人を繋いだ「坂本龍馬」の3名を取り入れたデザインとしました。 

    種別

    純米吟醸 

    薩長同盟

    使用米

    鹿児島県産山田錦 100% 

    精米歩合

    55% 

    アルコール分

    16度 

    内容量

    720ml 

    製造者

    金光酒造株式会社

    山口市嘉川5031番地

    TEL:083-989-2020 

    発売価格

    2,018円(税別1,868円)※箱入り

    発売予定日・場所

    <先行販売>

    ◇鹿児島 【限定150本】

      平成30年3月21日(水)~27日(火)

      明治維新150年記念薩長同盟フェアin鹿児島

      (山口・防府・萩特産品展)

      場所:山形屋地下1階(鹿児島市金生町3番1号)

    ◇山口【各日限定150本】

      平成30年4月7日(土)・8日(日)

      維新の郷 湯田温泉白狐まつり

      場所:山口市湯田温泉

     

    <一般販売>

    ◇山口

       4月12日(木)~ 予定

      


    関係機関

      <鹿児島市>      <山口市>

     鹿児島大学農学部    山口大学農学部

     鹿児島商工会議所    山口商工会議所

     JAいぶすき       山口市

     鹿児島市


    プロジェクトについての問い合わせ

     山口市観光交流課
     〒753-8650山口市亀山町2番1号
     TEL:083-934-2810 FAX:083-934-2649
     E-mail:kanko@city.yamaguchi.lg.jp
    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.