入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > 大学紹介 > 新年のご挨拶

    新年のご挨拶

     令和4年1月4日

     

    令和4年 学長年頭挨拶

    「第4期中期目標期間のスタート」

    岡 正朗

     

    皆様、明けましておめでとうございます。天候に恵まれ、穏やかな新年となりましたが、今年も、新型コロナウイルス感染症の影響、特にオミクロン株の感染拡大が心配されます。教職員の皆さんには、自身の感染対策を十分に取り、学生への指導も宜しくお願いします。また、附属病院の医療関係の皆さんには、大きな負担がかかることが予想されますが、山口県の医療の最後の砦として対応をお願いいたします。また、1月から3月にかけて大学入学共通テスト、学校推薦型入試、及び個別試験があります。受験生が安心して受験に臨めるよう、感染対策を徹底して参ります。

     

    今朝は恒例となりました、山口大学の学祖、上田鳳陽先生のお墓参りをし、新たな年を迎えるにあたり、一刻も早い新型コロナ感染症の終息をお願いするとともに、新しい年への決意を述べて参りました。この度、福田家のご厚意により、上田鳳陽先生の顕彰碑が山口大学に寄贈されることになり、吉田キャンパスの共通教育棟玄関ホールに設置することにいたしました。

     

    本年は、4月より第4期中期目標・計画期間がスタートします。本学では、この目標・計画において、特に「地域との共創」、すなわち地域と共に創造することを最初に謳っており、地域の抱える社会課題を共有し、地域の企業や教育機関、行政機関と協働して課題解決に取り組み、産・学・公連携の知の拠点として、シンクタンク機能を果たします。また、優秀な人材を地域に提供することで、地域に頼られ、地域から必要とされる魅力ある大学として発展することを表明しています。

     

    教育面では、ポストコロナでのいくつかの大きな課題があります。遠隔講義のノウハウ、講義の録画教材などを、対面講義と融合させ、教育のレベルアップに結び付けることが重要です。デジタル化やAIがもたらすSociety5.0へと大きく変化する社会の中で、多様性を容認し、イノベーションを人間中心に実行できるSTEAM人材の育成が求められています。本学の博士課程の教育においても、領域の異なる複数の大学院生が協働して課題解決に取り組むプログラムを本格的に実施します。

     

    先進国の中で、日本のデジタルトランスフォーメーション(DX)の遅れが明確となったことから、データサイエンス教育を専門教育へさらに展開し、教育の高度デジタル化および大学におけるDX改革を実施します。本学は、文部科学省の事業「デジタルを活用した大学・高専教育高度化プラン」に応募し、2つのプロジェクト「学修者本位の教育の実践」と「学びの質の向上」の両方に採択されました。教育のDX改革を全国でも先駆をきって加速することになります。

     

    また、医学部附属病院は医療情報システムの更新に合わせて、本学の医学部で開発したAIによる診療支援システムを導入します。いよいよAIホスピタルがスタートすることになり、今後の展開が大いに期待されます。なお、DXは教育研究に留まらず、大学の組織自体に大きな変化をもたらします。この組織改革はスピード感を持って行わなくてはいけませんし、そのための意識改革が求められます。まさに円滑かつ速やかなDX導入が、大学の将来を決めることになります。職員の皆さんには最大限の協力をお願いする次第です。

     

    地球温暖化は様々な異常気象を生じ、生態系に深刻な影響をもたらすことから、喫緊の課題です。今こそ、大学教職員が学生とともに、この危機に挑み、解決に貢献する時です。そこで、脱炭素社会実現のために文系理系問わず山口大学の英知を結集した「グリーン社会推進研究会」を立ち上げ、水素関連技術、グリーンプロセス、材料・生産技術、電池・電源、バイオ・リサイクル、スマート農業・フードシステム、社会システムの7部会を設置します。今後、教育関連の部会も設置する予定で、自治体や企業、金融機関など多くの団体から期待されています。たとえば、本学には「中高温微生物研究センター」及び「応用衛星リモートセンシング研究センター」などの研究拠点があります。これらの研究は、地球温暖化への解決に大きく寄与することが期待されます。また、産学公連携をさらに促進するために、地域未来創生センターの組織改革を行うことにしました。

     

    今年は寅年ですが、中でも36年置きに回ってくる「五黄の寅(ごおうのとら)」であり、大正3年、昭和25年、昭和61年、本年の令和4年生まれがその年に当たります。「五黄の寅」は十二支の中でもっとも運気の強い干支だそうです。冬が厳しいほど春の芽吹きは生命力に溢れ、華々しく生まれることを表している年です。厳しい新型コロナウイルス感染症にさらされた後に、大きな復興の光が見える年になることが期待されます。

     

    本年が、山口大学にとって、皆様にとって素晴らしい年であることを心より祈念して、年頭の挨拶とさせていただきます。

     

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.