入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > 大学紹介 > 新年のご挨拶

    新年のご挨拶

     平成30年1月4日

    2018年 学長年頭挨拶

    「時代とともに、地域とともに」

    岡 正朗

     

    新年明けましておめでとうございます。穏やかな新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。

    新年のご挨拶に先立ち、山口大学の学祖、上田鳳陽先生のお墓にお参りし、新たな年を迎えるに当たり、決意を述べて参りました。

     

    200年を超える歴史を持つ山口大学は、学生に、そして社会に求められる大学として発展しており、今後も発展し続けなくてはいけません。われわれ山口大学が持続的に発展する為に、「明日の山口大学ビジョン2015」を策定し、留学生を含む全ての大学人と地域の人々が、互いの違いを超えて、共感・共鳴・共奏できる「ダイバーシティ・キャンパス」を目指すことを明確に打ち出し、多くの大学改革や取り組みを実行してまいりました。昨年設置したダイバーシティ推進室は男女共同参画推進室と女性研究者支援室を合併・発展したもので、「ダイバーシティ・キャンパス」実現の中核として捉えています。

     

    大学は人材育成が最も重要な使命であることは議論の余地がないところです。地方国立大学は、優秀な人材を地域に提供するとともに、優れた研究成果により地域を活性化することが強く求められており、社会からは地域の活性化こそ地方国立大学の使命であると定義された感があります。この使命を果たすために、現在行っているCOC+は大きなチャレンジであり、山口大学の在り方にも大きく影響することから、成功するために最大限の努力を行っていますので、皆様の絶大なるご支援・ご協力をお願いいたします。

     

    さらに、第4次産業革命の時代となり、社会は急激に変りつつあります。人類が経験のない変化の中で、どの様に学生の成長を支援していくかを考え、そして実行するのは、私たち大学人以外はありません。山口大学独自の知財教育、共同獣医学部及び医学部医学科の国際認証取得、創成科学研究科のアントレプレナー教育など素晴らしい教育が山口大学の中で展開されています。さらなる教育改革は勿論、教育の可視化やインターンシップの充実など、改革に積極的に取り組んでいきたいと思います。そのために、学部改革および大学院改革を行う必要があることは言うまでもありません。また、数理情報系の教育組織の確立と全学展開は来年度から本格的に実施する予定です。

    社会人教育は少子化対策および大学のミッションとして今後大きくクローズアップされます。山口大学では、山口大学経営人材育成プログラム、教職大学院の教職実践高度化専攻、知的財産社会人教育、技術経営者教育、技術士研修、社会基盤メンテナンスエキスパート養成など、多くの社会人教育に積極的に取り組んでいます。また今後、広く社会に向けて社会人教育の周知にも力を入れていく必要があると考えています。

     

    平成28年度の留学ビザにて山口大学に留学した外国人学生は516名、短期プログラム留学生194名と併せて計710名の外国人学生を受け入れています。一方、521名の山口大学生が海外へ留学しており、学内の国際化が進んでいることが分かります。本年はさらに学内の国際化に取り組みたいと思います。

     

    研究面においては、学内の研究拠点や各学部にて、学際的研究や国内外の大学との共同研究などに積極的に取り組んでいます。運営交付金の削減や諸経費の高騰などで、大学は厳しい時代を迎えております。しかし、ここで踏ん張ってこそ、明日があるのです。教職員一丸となり、さらに奮起したいと思います。研究資金については組織(大学)対 組織(企業など)の対応に取り組み、研究資金の増加に結びつける考えでおります。現在、文部科学省地域イノベーション・エコシステム形成プログラム、JAXAと共同研究による宇宙データ研究と新規ビジネスの創出、山口学研究センターの古代テクノポリス山口プロジェクト、中高温微生物学研究など多くの優れた研究が展開されており、夢が広がります。特に若手研究者の皆さんの活躍を大いに期待しています。また、国立大学病院の再々開発の1番手として新病棟の完成が年内にも予定されており、医学教育および地域医療の要として、さらには先進医療の開発の核として、その完成が待ち遠しい限りです。

     

    戌年には5種類あり、本年度は戊戌(つちのえいぬ)で、前向きに地道な努力を重ねることが出来るかどうかで、成功するか否かが決まる年とのことです。教職員一同、山口大学の誇りをもって、なお一層努力する所存ですので、ご支援・ご協力のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。また、本年は明治維新150年にあたり、「山口ゆめ花博」など多くのイベントが山口県で行われますが、積極的に参加することが地域との繋がりを強め、学生の成長にも結び付くと考えています。

     

    明日の山口大学ビジョンに掲げたように、「地域とともに、時代とともに、維新の息吹を今、山口から世界へ」に結び付く1年になることを目指して全力を尽くす所存でおりますので、重ねてご支援・ご協力をお願いいたします。  

     

    最後になりましたが、新しい年が、皆様にとり良い年になりますよう心から祈念して、年頭のご挨拶といたします。


    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.