入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > 附属病院・附属施設等 > ダイバーシティ推進室 > 山口大学内の「多目的トイレ」の設置場所

    山口大学内の「多目的トイレ」の設置場所

     「レディース・アンド・ジェントルメン」から「ハロー・エブリバディ」の時代へー。

     

     平成29年度に実施した岡正朗学長と鍋山祥子副学長(ダイバーシティ推進担当)・室長のダイバーシティの推進に関する対談で、LGBT(性的マイノリティ)の話題から本学における多目的トイレ設置の意義が取り上げられました。学内で「みんなが」、「誰でも」使える多目的トイレの場所をご確認いただけるよう、バリアフリーマップを紹介いたします。

     

     

    バリアフリーマップ

     山口大学の各キャンパスのバリアフリーマップは、山口大学施設環境部のページに掲載してあります。多目的トイレやスロープ、エレベーター等の場所を紹介しています。

    岡学長と鍋山副学長(ダイバーシティ推進担当)・室長の対談 ※抜粋

    実施日:平成30年2月14日(水) 会場:学長室

    対談する岡学長と鍋山副学長

    岡学長

    鍋山副学長(ダイバーシティ推進担当)・室長

     

    岡:

     LGBTに対する大学の配慮はあるのかという質問が経営協議会でありました。今や、「レディース・アンド・ジェントルメン」ではなく、「ハロー・エブリバディ」という時代ですよ。僕も大学で挨拶するときには「レディース・アンド・ジェントルメン」をやめたんですけど。

    鍋山:

     LGBTについても、昨年度に取り組みました。まずは、学生を含めた教職員の理解促進です。あとは組織ができることといったら、施設整備だと思うんですよ。どうしてもそこは予算の問題が絡んでくるので。

    岡:

     トイレとか更衣室とか。

    鍋山:

     男性用か女性用かという二種類のトイレしかないんじゃなくて、多目的トイレを備えていれば、これこそダイバーシティです。性的マイノリティ以外の方、子ども連れとか、ハンディキャップを抱えた方でも使える設備を整えるということです。男女共同参画が言われ出した最初の頃に、バックラッシュ(反逆)で、「男も女も一緒にと言うんだったら、トイレも男女一緒にしろということか」などと、よく批判されたんです。性別役割分業がもっとも崩れていて、男女という性別による生き方の違いがあまりない北欧の事例を見ると、スウェーデンなんかでは、本当に男女で分かれていないトイレがあったりするんです。結局、全部個室にしてあるんです。だから、男の人が使っても女の人が使っても、誰が使ってもいいんですよ。何か日本って、まだすごくくだらないところで領域争いをしていると思うんです。究極的には、誰もが使えるようにすることが大事なんです。

    岡:

     本学はどうなっているんですかね。

    鍋山:

     多目的トイレはちゃんと要所要所にあります。予算のこともあるので、すべてのトイレを多目的にというのは無理ですけど、「ここにあります」とわかるようにする必要があると思います。これについては、近々、ホームページに掲載する予定です

    岡:

     インフォメーションを与えることが一番重要ですよね。どこにあるのかを明確にするといいですね。

    鍋山:

     LGBTの問題は、近い将来、組織としての対応を明文化する方向にもいくと思います。国の方針としてです。でも、義務としてやるのではなく、山口大学では国や他大学に先行して、理解促進などについての取り組みをしていこうと思います。昨年度おこなったLGBTの理解促進セミナーには、テレビ撮影も入り、地域からの反響も大きかったです。そういう意味で言うと、山口大学は一歩先を行っていると思います。

    岡:

     ぜひとも提言していただいて。これもダイバーシティですね。

     

    ※対談の全文をお読みになりたい方は、平成30年8月発行予定の「ダイバーシティ推進室ニューズレターvol.2」をご覧ください



     

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.