入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > 附属病院・附属施設等 > ダイバーシティ推進室 > お知らせ > 2018年 > 6月23日~29日は内閣府「男女共同参画週間」です ~特集:林裕子教授(特命)の連携会議リポート~

    6月23日~29日は内閣府「男女共同参画週間」です ~特集:林裕子教授(特命)の連携会議リポート~

     文部科学省より、内閣府 男女共同参画推進本部の定める「男女共同参画週間」について、趣旨の周知と男女共同参画社会の実現に向けた積極的な取組の依頼がありましたのでお知らせいたします。

     

    男女共同参画推進本部では、毎年6月23日から29日までの1週間、「男女共同参画週間」を実施しています。

     

     男性と女性が、職場で、学校で、地域で、家庭で、それぞれの個性と能力を発揮できる「男女共同参画社会」を実現するためには 政府や地方公共団体だけでなく、国民のみなさん一人ひとりの取組が必要です。私たちのまわりの男女のパートナーシップについて、この機会に考えてみませんか?
     
     男女共同参画推進本部は、「男女共同参画社会基本法」の公布・施行日である平成11年6月23日を踏まえ、毎年6月23日から29日までの1週間を「男女共同参画週間」として、様々な取組を通じ、男女共同参画社会基本法の目的や基本理念について理解を深めることを目指しています。

     

    内閣府男女共同参画局ホームページ(http://www.gender.go.jp/public/week/index.html)より転載

     

     また、この「男女共同参画週間」を前に、内閣府 男女共同参画推進連携会議の構成員でもある本学の林裕子教授(特命)から、貴重な現場のリポートをお寄せいただだきました。(参考:男女共同参画推進連携会議 / チーム活動「次世代への働きかけ」

     

    特集:「男女共同参画推進連携会議の現場から」 山口大学大学院技術経営研究科 教授(特命) 林 裕子

     
     AIやIoTの影響で、日本では、現在の職業の50%近くが消滅するというオックスフォード大学の調査にも懸念されるように、未来に向けて、男女の働き方はどう変わるでしょうか?多様性を持った適材適所になって、「男女」といういい方も古臭く聞こえてくるでしょうか?


     内閣府男女共同参画推進連携会議の有識者委員を拝命して3年目となりますが、現実は理想とはまだかけ離れています。セクハラ報道等を見ても、女性蔑視やアンコンシャスバイアスは依然として根深く、改革のスピード感はあまりありません。2020年に指導的立場に就く女性を30%にするという目標「202030」は、審議会の委員、薬剤師、国家公務員の採用等で目標を上回りますが、大多数の職種で道半ばで、2017年世界経済フォーラムのジェンダーギャップ指数も144か国中114位と順位を下げました。

     しかし、大きなムーブメントを起こしてくれる期待が高い世代が、未来を形成する若い世代です。分科会では、「次世代への働きかけチーム」を形成し、男女共同参画の議論を、法律や行動に落とし込んでいく試みをしています。

     発足時には、構成メンバーは「老壮青」の青に当たる「次世代」が、会議のメンバーにいないまま、議論が進んでいました。ユーチュ―バーが将来なりたい職業に入っていることを頭で理解できても、しっくりこない世代には、大胆な未来予測は困難です。

     そこで、次世代をメンバーに加えました。前回は、G7 Youth Summit2016日本代表団長 横野 薫氏、慶應義塾大学の学生で、将来の職業のマッチングをしている一般社団法人全国学生連携機構理事 喜多 恒介氏からプレゼンテーションがありました。分科会では、「老壮青」が意見を交換する中で、次世代の方々の、今の職業にとらわれないキャリア教育の指導等、幅広い活動を知り、嬉しい驚きがありました。そして、議論を通し、「課題を認識」できないことがアンコンシャスバイアスに繋がる事象が多く確認できました。G7 Youth Summitでは、「性別のステレオタイプのない社会」と記載しているが、その後「女性には女性らしい『働き方』がある」と「ステレオタイプ」に戻っていることが指摘されましたが、若い世代は、「『女性らしい』がステレオタイプとは知らず、おかげで問題に気づくことができた」と前向きにとらえてくれました。問題点を議論することにより、共通認識が広まる、この分科会もそのような場の一つとなることが今後も期待できます。

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.