入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > トピックス > 2007年 > 教育学部阿部弘和教授がラオス教育省から感謝状を授与

    教育学部阿部弘和教授がラオス教育省から感謝状を授与

     本学教育学部の阿部弘和教授が、平成19年9月7日(金)にラオス教育省から感謝状が授与されました。

     阿部教授はJICAがラオス人民民主共和国で実施している、理数科教員養成プロジェクト-SMATT(Project for improving Science and Mathematics Teacher Training 、期間:2004-2008、予算総額約1.9億円、協力機関:ラオス教育省・鳴門教育大)に参加し、理科教育・生物教育の専門家として協力・教育支援活 動を行いました。活動の一環として、阿部弘和教授はラオス国内で5回に渡って開催された、ラオスの教員養成学校(日本の大学の教育学部に相当)の理数科教 育担当教員を対象とした、National Workshop において講師・アドバイザ-として参加し、理科教育や生物学に関して指導・アドバイスを行いました。 また、鳴門教育大に招請したラオス理数科教育担当教員に対し、実験や講義を通して指導し、さらに、ラオス国内においては(滞在期間はあわせて2ヶ月半)、 ラオス教育省教員養成局の職員やラオス国立大学教員、ラオス教員養成学校教員などと懇談し、教員養成制度、理科教育・生物教育の在り方、カリキュラム、教科書などについて、適宜アドバイスや提案をされました。

    感謝状を授与された阿部弘和教授 感謝状

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.