入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > トピックス > 2010年 > 農学部 山本晴彦教授のプロジェクトが全国中小企業団体中央会『平成22年度 農商工連携等人材育成事業(経済危機対応・地域活性化のための追加募集)』に採択

    農学部 山本晴彦教授のプロジェクトが全国中小企業団体中央会『平成22年度 農商工連携等人材育成事業(経済危機対応・地域活性化のための追加募集)』に採択

    農学部の山本晴彦教授を担当責任者とする「農商工連携による植物工場を活かした高品質な農産物生産と商品開発・マーケティング研修」 が、全国中小企業団体中央会『平成22年度 農商工連携等人材育成事業(経済危機対応・地域活性化のための追加募集)』に採択されました。

     本事業は、農商工連携に取り組む人的基盤を形成することができるよう、研修実施機関が研修を実施するもので、農商工連携に積極的に取り組もうとする人材を発掘し、農林漁業、商工業の両方の経営実務に必要な知識を習得するための講義や、農場等における実地研修を行います。

    【事業名称】
    農商工連携による植物工場を活かした高品質な農産物生産と商品開発・マーケティング研修

    【概要】
    「植物工場」は、新商品・サービス開発や幅広い関連産業の集積が見込まれる農商工連携産業として注目され、特に西中国地方の中山間地域では、地域経済浮揚の核として期待が高まっています。現在、このような地域における農業参入は、農業経験の少ない地元中小企業が行うことが多く、参入時の人材育成支援および早期自立化に向けたフォローアップへのニーズは急速に高まっています。
    山口大学では、平成21・22年度に「経済産業省 産業技術人材育成支援事業」として、植物工場で高品質で安全な農作物を安定して生産・管理する人材育成プログラムを開発・実施しており、中小企業経営者や担当管理職からの反響は非常に大きく、実際に植物工場の起業や雇用創出につながるケースも見られるなど、多くの効果を挙げています。このようなニーズの受け皿としての教育機関の役割は大きく、本研修事業では、地方の産業支援機関や地元民間企業の協力のもと、地域経済や行政支援、中山間地の立地条件などの具体的な課題について掘り下げ、「農商工連携による植物工場を活かした高品質な農産物生産と商品開発・マーケティング研修」を実施し、「生産管理技術」とともに「競争力・魅力ある商品開発・マーケティング」などの実践面における一層の農商工連携支援を行います。
    具体的には、
    (1) それぞれの強みや地域資源を活かした商品企画、マーケティング戦略、
    (2)多額の初期投資を伴う参入時の経営判断に必須の「高度施設園芸・設備」の知識、
    (3)魅力ある商品を作り出すための生産管理技術、
    (4)「農業生産法人」の設立、事業計画など
    の実務的技術のフォローアップを習得した人材の育成を目指します。

    【担当責任者】
    山口大学農学部教授 山本晴彦

    【期間】
    1年間(平成23年2月~平成24年1月)

    【参考】
    全国中小企業団体中央会 http://www2.chuokai.or.jp/hotinfo/zenchu_101227.html


    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.