入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > トピックス > 2014年 > 全国コーディネート活動ネットワーク 平成26年度第一回中国・四国・九州沖縄地域会議が開催

    全国コーディネート活動ネットワーク 平成26年度第一回中国・四国・九州沖縄地域会議が開催

     大学研究推進機構では、11月6日(木)~11月7日(金)、本学において、イノベーション促進人材である産学公コーディネーター(CD)やリサーチ・アドミニストレーター(URA)等を対象とした会議「全国コーディネート活動ネットワーク 平成26年度第一回中国・四国・九州沖縄地域会議~イノベーション創出の更なる発展と夢の架け橋へ~」を開催しました。

     この会議は、文部科学省産学官連携支援事業の一環として、産学官に関わるコーディネーター職の確立、若手や後継者の育成を視野に、知見やノウハウの共有化、地域を越えた連携強化を図り、産学官連携活動の発展を狙うコーディネーターのネットワーク事業を推進することを目的として、文部科学省、一般財団法人日本立地センター、山口大学、全国コーディネート活動ネットワークが共同で開催したものです。

     

     一日目の本会議には学内外から約60名、二日目のワークショップへは約30名の参加者があり、関心の高さが伺えました。

     セミナーでは、文部科学省 坂本産業連携・地域支援課長ならびに経済産業省 地域経済産業グループ 飛矢崎参事官補佐より施策説明をいただいた後、望月産学公連携センター長より、知的財産教育の必修化、URA室の設置といった本学の特色ある取組や、産学連携活動について紹介を行いました。

     また、本学のリサーチ・アドミニストレーターである殿岡裕樹URAより「LEDを利用した新規植物育成技術の開発および植物工場への展開」、清水谷卓URAより「防災・環境保全や環境再生技術の インドネシアへの展開及び普及活動」、広島大学国際連携センター専門職員 中野博子氏より「柿渋タンニンによる抗ノロウイルス剤の開発」のテーマで、それぞれ、大学のシーズを実用化・商品化するに至った経緯やコーディネート支援について講演がありました。

     殿岡URAは、農学部執行正義教授の開発した植物育成技術である「Shigyo法」により、福島県川内村において植物工場を竣工・稼働させるといった研究成果の実用化のみならず、その成果を元にさらに基礎研究を充実させるという理想的な研究モデルの紹介を行い、また、清水谷URAからは、丸本卓哉前学長が、研究成果である「土壌浸食防止と緑化における菌根菌の利用」をもとに県内中小企業である多機能フィルター株式会社と共同開発した緑化シートについて、国内のみならず、海外展開まで積極的にサポートするなど、研究支援人材としての幅広い活動について紹介し、その後の意見交換会も大変活発なものとなりました。

     また、二日目のワークショップは広島大学(文部科学省事業「大学等シーズニーズ創出強化支援事業(COIビジョン対話プログラム)」採択大学)がファシリテーターとなり、「感性」というテーマにより、文部科学省の委託を受けて慶應義塾大学SDM研究科が開発した「イノベーション対話ツール」を用いてのワークショップを行い、デザイン思考のプロセスを導入した新しい産学連携活動の在り方について、各々知識を深めることができました。

     本会議は、産学連携ならびに、それを支援する産学公連携コーディネーターおよびリサーチ・アドミニストレーターの活動について、参加者に多くの示唆と課題を与え、盛会裏に終了しました。

     

     

     

    本学の植物育成技術が採用された「川内高原農産物栽培工場」が竣工

    http://www.yamaguchi-u.ac.jp/topics/2013/_2779.html

    ウダヤナ大学等との共催による樹林化プロジェクト「植樹祭」を実施

    http://www.yamaguchi-u.ac.jp/topics/2013/_3087.html

    全国コーディネート活動ネットワーク

    http://www.sangakukanrenkei.jp/

    大学等における産学官連携(文部科学省HP)

    http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/sangaku/main7_a5.htm

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.