入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > トピックス > 2014年 > 山口大学・大学コンソーシアムやまぐち SDセミナー2014『大学職員の企画力が大学を変える』を開催

    山口大学・大学コンソーシアムやまぐち SDセミナー2014『大学職員の企画力が大学を変える』を開催

     12月19日(金)に、山口大学・大学コンソーシアムやまぐちSDセミナー2014『大学職員の企画力が大学を変える』を、県内の公私立大学はもとより遠くは埼玉大学や大学評価・学位授与機構からの参加があり160名以上を集め、本学吉田キャンパスにおいて開催しました。本セミナーは、山口大学・大学コンソーシアムやまぐちの共同主催、大学マネジメント研究会の共催で、山口大学が採択された文部科学省・大学教育再生加速プログラム(AP)における教学マネジメント強化のための研修の一環として実施されました。

     

     冒頭、岡 正朗 山口大学長より開会挨拶および趣旨説明があり、今回のSDセミナーに大勢の参加者があったことは、本学において、地域において、大学職員の企画力の重要性の認識の表れであるとの説明がありました。

     第一部の基調講演では、まず、本間 政雄学校法人梅光学院理事長(大学マネジメント研究会会長、元 京都大学理事・副学長)より、「今、期待される大学職員の企画力」と題して講演がありました。18歳人口の減少に伴い、大学は自己改革力が試される時代になっている。そのような厳しい時代状況の中で、大学職員は知恵を絞る仕事に従事する必要がある。具体的には、「課題設定力・企画力・実行力」を身につける必要があり、そのためには、高い志や前向きな勉学精神を心がけることが大切であると力説されました。

     

     次に、末次 剛健志 佐賀大学総務部企画評価課係長(IR主担当)より、「若手職員から育む企画力」と題して講演がありました。佐賀大学が行う「事務系職員クラブ制度」の紹介があり、プロパー職員の自由な発想・提案が活かされるモチベイティブな職場環境創出の工夫が感じられた。また、佐賀大学版IRの考え方が紹介され、コンセンサス形成のための情報提供としてのIR、厳密性に固執せず、気づきや改善のきっかけづくりとなるIRなど、大学運営におけるIR機能の重要な捉え方の説明があり、大学職員としての貢献度の重要性も力説されました。

     第二部のグループワークセッションでは、林 透 大学教育センター准教授及び河島広幸 大学教育センター助教(特命)のファシリテーションにより、「Let’s Challenge ~大学職員の企画力が大学を変える~」というテーマでグループワークを行いました。会場一杯となる11グループでの議論は非常に熱気を帯びていました。後半の全体発表では、「現状・課題」「企画提案」「実施体制」「評価(達成度)指標」を明示したグループ・プロポーザルによるプレゼンが行われ、きめ細かい学生支援、前提踏襲的な業務の改善、学生に向けた的確な情報発信、教職協働型プロジェクト、入学者確保の方策、大学運営費の確保などの積極的な提案が行われ、実現可能性の高いものが多くありました。

     

     最後に、田中 和広 山口大学理事・副学長より、学内外の大学職員が交流する素晴らしい機会となり、今後もこのような場づくりを行っていきたいとの閉会挨拶がありました。 

     

      

    写真上:集合写真

    写真左:第一部 基調講演

    写真右:第二部  全体発表の様子

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.