入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > トピックス > 2015年 > 平成27年度「研究サロン」を開催

    平成27年度「研究サロン」を開催

     平成27年9月11日(金)、18日(金)、25日(金)の3日間、山口大学総合図書館内の「りぶカフェスペース」にて、平成27年度研究サロンが開催されました。

     山口大学では、平成23年度から研究に関するアイデア等を発想するキッカケを見つけることを意識する期間として科学研究月間(*)を開設し、昨年度からは研究サロンという場を設けています。研究サロンでは、様々な分野の研究者が集まり交流することにより、部局・分野を超えた研究の融合の可能性を探索する「場」となることが期待されています。 

     

     第1回目の9月11日は、本学が共同実施機関として参画している「未来を拓く地方協奏プラットフォーム」で本年度に採用された共同獣医学部の渋谷周作助教(テニュアトラック)と大学院医学系研究科(理学)の原裕貴助教(テニュアトラック)が話題を提供し、学生・教員を含め約20名が参加しました。

     渋谷助教は「細胞が持つ自己分解システムの生理学的役割」と題して、「オートファジー」という現象について説明されました。この現象は以前から分かってはいたのですが1993年に日本でこの現象に関連した遺伝子が報告され、一気に研究が進んだそうです。不良なミトコンドリアがオートファジーで分解される過程が動画により分かり易く詳細に説明されました。講演後も、オートファジーの機構に関する質問や、この現象の解明による病気の治癒や老化防止への期待など、議論が続きました。

    渋谷周作助教の講演 

     

     続いて原助教が「細胞のデザインを考える」と題して、細胞の核の大きさがどのように決まるのか、どこまでが分かっておりどこが分かっていないかも含めて、具体的な実験方法にも触れて説明されました。細胞から核のみを取り出して細い管の中に置いた実験では管の大きさにより核の成長速度や最終大きさが変わることも示されました。質問も生物学や物理学という異なる観点から多種多様のものが出ました。今回は特に2名の話題提供者の専門が近く、また同じ時期にコンソーシアム事業で採用されたテニュアトラック教員であることから、メンター教員等も交えて質問が続きました。

    原裕貴助教の講演 

     

     本サロンは、第2回が9月18日、第3回が9月25日に開催されました。理系から文系まで多岐にわたる内容の講演が行われ、3日間で約60名が参加しました。

     

    【第2回(9月18日)の様子】

     

     

     

    「イノベーション人材プログラムについて」

     

    株式会社MOT総合研究所代表取締役

    山口大学客員准教授 木村 俊之 氏

     

     

     

     

     

    【第3回(9月25日)の様子】

     

     

      

    「微生物機能を活用する有用物質生産」

     

    農学部 生物機能科学講座 片岡 尚也 助教

     

     

     

     

     

     

     

     

    「市場経済社会の構造と循環

     -経済学・政治哲学(J.Rawls)・社会学(福祉国家論)の学際的視点から」

     

    経済学部 経済計量講座 塚田 広人 教授

     

     

     

     

    (*)今年度は9月1日(火)~30日(水)。平成23~25年度までは「科学研究週間」として開設。 

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.