入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > トピックス > 2015年 > 山口大学と九州工業大学がテニュアトラック合同シンポジウムを開催しました

    山口大学と九州工業大学がテニュアトラック合同シンポジウムを開催しました

     平成27年11月13日(金)、山口大学常盤キャンパスにおいて、「平成27年度 山口大学と九州工業大学のテニュアトラック合同シンポジウム」を開催し、約60名が参加しました。

     このシンポジウムは、テニュアトラック制度の普及・定着に向けて、テニュアトラック教員の活動状況や成果について学内外に発信することで理解を広め、さらにテニュアトラック教員同士の交流により、共同研究等の推進のきっかけとすることを目的として開催されました。

     シンポジウムは、九州工業大学 鹿毛浩之理事・副学長による開会挨拶で始まり、文部科学省科学技術・学術政策局人材政策課人材政策推進室長 唐沢裕之氏から来賓挨拶として、若手研究者の活躍促進、科学技術イノベーション人材の育成施策について紹介がありました。

     次に基調講演が行われ、科学技術振興機構プログラム主管 榎敏明氏の講演では、テニュアトラック制度が導入された背景や実施状況・今後のビジョンについて、様々なデータを用いてお話しいただきました。続いて、駐日英国大使館貿易・対英投資部再生医療・ライフサイエンス専門官 並木幸久氏の講演では、「創発」をキーワードに、日本と世界を比較しながら、次世代型グローバルイノベーションにおける現状の問題点・今後の取組についてお話しいただきました。

     その後、4名のテニュアトラック教員による講演では、九州工業大学から若手研究者フロンティア研究アカデミー 福間 康裕准教授および川原 知洋准教授が登壇し、また、山口大学からは、樋山 恭助准教授および佐古田 幸美助教が登壇しました。講演内容はテニュアトラック教員としての活動状況や自身の研究内容、今後のビジョン等であり、その後の質疑応答では、テニュアトラック教員同士が互いに質問し、意見交換する場面もありました。

     最後に「次世代・創発型教育による人材イノベーション」をテーマに行われたパネルディスカッションでは、並木氏がモデレータを務め、九州工業大学若手研究者フロンティア研究アカデミー 金子大作准教授、山口大学 樋山准教授、東洋鋼鈑株式会社事業推進室バイオチップ技術グループリーダー 山野博文氏、株式会社MOT総合研究所上席研究員 糸原義人氏の4名が登壇し、イノベーションや産学連携、ベンチャー企業に関する様々な課題について、テニュアトラック制度を絡めた内容で、今後の制度発展に向けての活発な意見交換が行われました。

     閉会の挨拶では、山口大学 岡正朗学長が「このシンポジウムを通して参加者が相互に刺激し合い、今後の両大学、そして日本の発展に寄与できる機会になることを期待します」と述べました。

     山口大学と九州工業大学では、今後もテニュアトラックの普及・定着、そしてより良い研究の推進に向けた取り組みを行っていきます。

     

        シンポジウムに参加した講演者等         パネルディスカッションの様子

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.