入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > トピックス > 2015年 > 山口大学名誉教授 小谷典子氏が第72回中国文化賞を受賞

    山口大学名誉教授 小谷典子氏が第72回中国文化賞を受賞

     本学名誉教授 小谷典子氏が中国地方の文化・学術・地域貢献などの分野で優れた功績を挙げた人物を称えるための賞「中国文化賞(第72回)」を受賞しました。

     表彰式は、平成27年11月6日(金)に中国経済クラブ(広島市)で行われ、今年は山口県から2人、広島県から3人、東京都から2人の合計7人が受賞し、受賞者には表彰状、賞牌および副賞が授与されました。

     小谷教授は、永年にわたり社会学の教員として、文理学部および人文学部において教育・研究に寄与されました。また、日本社会学会理事、同評議員、西日本社会学会会長、日本社会分析学会会長などの要職や文部科学省大学設置・学校法人審議会専門委員、国立大学教育研究評価委員会専門委員等を歴任され、学会の発展ならびに高等教育政策、地域政策の形成・展開などに大いに貢献されてきました。

     加えて、平成12年に山口県男女共同参画審議会の初代会長に就任し「山口県男女共同参画推進条例」の制定に大きく貢献されるなど、その功績は高く評価され、平成25年に「山口県選奨」を受賞、平成26年には、多年にわたり男女共同参画社会に向けた気運の醸成等に功績のあった者や各分野において実践的な活動を積み重ね男女共同参画の推進に貢献してきた者に授与される「男女共同参画社会づくり功労者内閣総理大臣表彰」を受賞されるなど、山口県の男女共同参画の実現に、大いにご尽力されました。

     この度の受賞は、このような多くの優れた業績を有し、学術・教育の発展に尽力された功績が認められたものです。

     

    ≪小谷名誉教授からの受賞コメント≫

    これまで、都市化によって変化していく流動的な地域社会を、生活者の織りなす人間関係の網の目(生活構造)の変化を通じて明らかにする研究を行ってきました。研究対象地域は、閉山後の産炭地、過疎山村、離島から大都市にいたるまで、全国各地に及んでいます。山口大学に赴任後、マツダの自動車組み立て工場が防府市に進出してきたことをきっかけに、企業と地域社会の関わりや企業の社会貢献活動にも目を向けてきました。私の研究の特徴は、社会調査によって得られたデータで仮説を検証するところにあり、この賞は、これまで調査に協力いただいた皆さんとともにいただいた賞だと思っております。研究成果は、可能な限り地域社会に還元してきましたが、今後も、多様なまちづくりにかかわりながら、国立大学の人社系の学問分野の存在感を少しでも高めていければと思っております。

     

     

    表彰式の様子(小谷典子名誉教授:写真前列左端) 

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.