入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > トピックス > 2015年 > 「山口大学『国際協力の里』特別講演会」を開催しました

    「山口大学『国際協力の里』特別講演会」を開催しました

     平成28年2月3日(水)、人文学部大講義室にて「山口大学『国際協力の里』特別講演会」を開催し、学生、教職員、一般の方など約70人が参加しました。

     講演会では初めに司会進行役の富本 幾文国際・地域連携担当副学長補佐より「一緒に日米関係の将来について考えてみましょう」と開会挨拶があり、続いて、特別講師としてお招きした在福岡アメリカ領事館首席領事 ユーリー・フェッジキフ氏によって「日米関係―10年後の姿」と題した特別講演が行われました。

     冒頭でフェッジキフ氏は、昨年の国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)で新たな法的枠組みである「パリ協定」が採択されたことや、一昨年発生したエボラ出血熱大流行の際の日米の連携した教育・防止活動による死者数増加の抑止、昨年のイランとアメリカを含む諸大国との核開発廃止に関する合意等、各国の協力によって得た成果について触れ、世界は相互に繋がっており、各国が互いに協力・連携することで、国際社会に大きな変化を起こすことができると話されました。

     続いて、近年の米中関係構築や今年起こった北朝鮮の水爆実験、昨年の日本・韓国の「慰安婦問題」に関する合意、日本やアメリカなど12か国が参加した環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の合意、軍事政権から民主政権の樹立を果たしたミャンマー等、日本とアメリカを取り巻く様々な話題を提供したうえで、多くの課題に直面している現代の国際社会において、日本とアメリカは各国への指導的役割も求められる重要なパートナーであり、これからも共通の価値観を持って両者の絆を強化していきたいと語られました。

     また、自身が仕事中に耳にした「日本は島国だから…」「今の若者は内向き」といった現代の日本に対する消極的な声を否定しつつ、タイトルである「10年後の姿」というキーワードに絡め、一国では解決できない国際的課題について、10年後の日本、10年後のあなたは何をすることができるのかを参加者に問いかけました。

     特別講演の後は、参加者を交えたフリーディスカッションが行われ、日本の集団的自衛権行使容認、アメリカ合衆国大統領選挙、アメリカの対日政策等、日本とアメリカに関する様々な疑問が寄せられ、活発な議論が行われました。

     最後に岡 正朗学長より「日本とアメリカの関係が深いからこそ、本日は活発な議論をすることができた。学生達が積極的に質問してくれて大変嬉しい」との閉会挨拶があり、講演会は盛況のうちに終わりました。

              

                         講演を行うユーリー・フェッジキフ氏                             フリーディスカッションの様子

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.