入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > トピックス > 2015年 > AP事業成果発表ジョイントフォーラム2016を開催しました

    AP事業成果発表ジョイントフォーラム2016を開催しました

     3月14日(月)、YIC Studio(山口市小郡)において、「AP事業成果発表ジョイントフォーラム2016~山口・広島地区大学教育再生加速プログラム(AP)採択校の成果発信~」を開催し、学内外から約100名が参加しました。

     昨年行われた同事業のキックオフシンポジウムに続き、事業開始2年目を迎えた今回のフォーラムは、山口・広島地区のAP採択校の成果を広く社会に発信するとともに、各採択校同士が情報交換することで、高等教育の更なる発展につなげることを目的として開催されました。

     始めに、岡正朗学長が「フォーラムを通じて、今後のAP事業の更なる推進につながる機会になることを願っている」と挨拶し、続いての文部科学省高等教育局大学振興課大学改革推進室専門官 辻邦章氏からの来賓挨拶では「入学から卒業まで、質保証を伴った高等教育を実現するための各大学の取り組みが、より強力になることを期待したい」と、本フォーラムに対する期待の言葉が述べられました。

     続いて、創価大学教育・学生支援センター長 関田一彦 教授による「ラーニングコミュニティにおける学生の『学び』とは~アセスメント科目の設定と効果~」と題した基調講演が行われ、グループ学習等に利用できる“SPACe”と呼ばれる総合学習支援センターの設置や、アセスメント科目の活用など、創価大学における様々な取り組みについて紹介されました。

     その後、山口・広島地区の5つの採択校から、徳山大学石川英樹 経済学部長、県立広島大学 馬本勉 学長補佐、山口大学 林透 准教授、比治山大学 斉藤克幸 APワーキンググループ座長、宇部工業高等専門学校 武藤義彦 教授が登壇し、各校の取り組みにおける成果報告がありました。

     後半には、関田教授と本学河島広幸助教がファシリテーターとなり、「アクティブ・ラーナー、リフレクティブ・ティーチャーであるために」と題した協同学習ワークショップが行われました。参加者同士が自身の考えを伝え合う時間が多く設けられ、さらにクリッカーを使用して参加者全員の考えを共有するなど会場が一体となって、まさに『協同学習』を通じて協同学習のあり方について考えたワークショップとなりました。

     クロージングでは、朝日孝尚大学教育センター長から「このフォーラムで知った各大学の特徴的な取組について吟味し、今後の活動に活かしていきたい。」と挨拶が述べられ、フォーラムは終了しました。参加者からは、AP採択校におけるアクティブ・ラーニングの特徴的な取組に強い関心が寄せられていました。

            岡学長の挨拶              文部科学省辻邦章 専門官の挨拶

          創価大学 関田一彦 教授             ワークショップの様子 

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.