入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > トピックス > 2016年 > 大学生創成工学デザイン競技会CEDC2016、創成教育国際会議ICIARE 2016を共催しました

    大学生創成工学デザイン競技会CEDC2016、創成教育国際会議ICIARE 2016を共催しました

     12月22日(木)~24日(土)に韓国・忠北大学校において大学生創成工学デザイン競技会(CEDC:Creative Engineering Design Competition*1)、創成教育国際会議(ICIARE:International Conference Innovative Application Research and Education)が開催され、本学から岡 正朗学長、三浦 房紀国際連携担当副学長、松田 博工学部国際交流支援室長および教職員等11名が出席しました。また、大学院創成科学研究科博士前期課程1年生27名がCEDCに参加し、韓国や中国の学生と研究成果を競い合いました。

     12月23日(金)のCEDCオープニングセレモニーは、本学の他、主催大学である忠北大学のYun Yeo-Pyo総長、韓国文部省次官補(大学政策室長)のBae Sung-geon氏、群山大学のNa Eui-Gyun総長、仁済大学のCha In-June総長、中国の大学代表者らが一堂に会して、グローバル・イノベーションを切り開く先導的次世代の育成を祈念し、テープカットが盛大に執り行われました。

     また午後には、参加大学学長を代表し、岡学長による基調講演「医学領域における産学連携」が行われ、本学が地域の企業と連携して遺伝子診断術を臨床実用化した実例を紹介し、先進医療における医工連携の方向性を示唆しました。

     CEDCでは、数名の学生で構成する5チームが、チームごとに実社会の問題を解決する作品を出展し、ポスターと口頭で、審査教員や参加者に英語でアピールを行い、各国の審査教員によるレビューを経て、最終的にスライドと作品を用いたプレゼンテーション講演を行いました。本学の学生は、岡学長からの熱いエールに志気を高め、審査教員のレビューを受けながら作品と発表のクオリティ向上に最終まで挑み続け、CEDCゴールド賞、シルバー賞などの栄誉に輝きました。

     また、ICIAREでは、本学の教員および学生13名が発表を行い、ICIARE優秀論文賞などを受賞しました。

    レセプションでは、工学を通じて社会の問題解決を図るという志に集った学生や教員が、お互いの多様な背景を尊重し、共に発展を目指す親睦の輪が築かれました。

     なお、次回大会は2017年12月中旬に本学での開催が予定されています。本学は、2016年8月に創成工学夏の学校(SP!ED:Summer Program for Innovative Engineering Design)を主催しており、2017年夏に中国において開催予定のSP!ED2017など、SP!ED、CEDC、ICIAREの取組を通じ、国際コミュニケーション能力を有する学生の育成と創成工学教育を、強力に推進していきます。

     

     

                           CEDC2016  ICIARE2016オープンセレモニー 

     

     

           岡学長による基調講演                   CEDC2016 作品競技会の様子

     

     

        CEDC2016金賞受賞式の様子 

     

     

    *1:CEDC

     日本・中国・韓国・台湾の工学系の学生がものづくりに挑戦する交流事業、「創成工学夏の学校(SP!ED:

     Summer Program for Innovative Engineering Design)」での成果を、卒業論文、修士論文に発展させ、

     その成果を競い合う発表会。 

     

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.