入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > トピックス > 2016年 > 「山口で何をやらかすの?―国際総合科学部プロジェクト型課題解決研究シンポジウム―」を開催しました

    「山口で何をやらかすの?―国際総合科学部プロジェクト型課題解決研究シンポジウム―」を開催しました

     2月17日(金)、国際総合科学部では、吉田キャンパス大学会館大ホールにおいて、地元発のイノベーション「山口で何をやらかすの?―国際総合科学部プロジェクト型課題解決研究シンポジウム―」を開催し、企業関係者、自治体関係者、高校生、本学学生、教職員など約200名が参加しました。
     同学部では、3年次の後半から4年次にかけて、従来の「卒業研究」に代わり地域社会が抱える諸課題に対し、学生が企業、地方自治体、NPO法人等とプロジェクトを組むことにより、実践的な課題解決能力を持った人材を育成する「プロジェクト型課題解決研究(PBL)」を取り入れています。本シンポジウムは、PBLの先行事例を紹介し、さらに参加企業の関係者らによるパネルディスカッションを通じて、来年度から本格始動するPBLについて、その在り方や方向性を考えることを目的に開催されました。
     冒頭、田中和広地域連携担当理事から開会の挨拶があった後、第一部ではPBLについての概要説明および先行事例2件の紹介を行いました。1件目の、コンテンツ産業における知的財産業務の課題解決方法を探る「エイベックス知的財産プロジェクト」では、直近の事例をあげて現在の知的財産に関わる課題について、実際に企業体験講座に参加した同学部2年 東優太さんが、講座に参加して見えてきた今後のPBLの展開について発表しました。また、2件目の美祢市が観光振興や特産品の販路拡大を目指して行っている、台湾との交流をサポートする「美祢市台湾プロジェクト」では、同学部の小川仁志准教授がこれまでの取組状況等について紹介しました。
     第2部では、「PBLに何を期待するのか?」をテーマに、PBL参加予定企業である株式会社全日本空輸(ANA)山口支店長 山本俊樹氏、株式会社レノファ山口経営企画室長 中島和彦氏、山口県東京営業本部支援アドバイザー 沢野啓次郎氏を迎えて、パネルディスカッションを行いました。ANAの山本氏およびレノファ山口の中島氏からは、PBLに活用できる現在の課題や今後のビジョン、学生に期待することなどの紹介があり、山口県東京営業本部支援アドバイザー沢野氏は、PBLに取り組む上では新たな視点を持って物事を見る「気づきの天才」になることがポイントであると語り、テンポ良く進むトークに参加者は熱心に聞き入っている様子でした。質疑応答では、留学先のアメリカからSNSを通じて視聴していた同学部2年生(一期生)や、野田学園高等学校の生徒、美祢市関係者などから活発に質問が寄せられ、来年度のPBL本格始動に向け、実のあるシンポジウムとなりました。

      発表する東さん(国際総合科学部2年生)         パネルディスカッション

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.