入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > トピックス > 2016年 > 医学部附属病院が「痛みの市民公開講座」を開催しました

    医学部附属病院が「痛みの市民公開講座」を開催しました

     本学医学部附属病院は、3月20日(月)にANAクラウンプラザホテル宇部において、一般市民を対象とした「痛みの市民公開講座」を開催し、約170人が参加しました。
     この公開講座は、平成28年度文部科学省事業「課題解決型高度医療人材養成プログラム」に本学の「慢性の痛みに関する教育プログラムの構築」が採択され、医学部附属病院において進めている事業の一環として開催しました。
     この事業は、慢性の痛みの集学的診療に豊富な経験を有する5大学(山口大学、大阪大学、滋賀医科大学、愛知医科大学、東京慈恵会医科大学)が連携して行うもので、それぞれの大学のノウハウを活かして共通のカリキュラムを作成し、医学、歯学、薬学の卒前卒後教育、看護、臨床心理学の卒後教育を行い、地域医療の向上を目的としています。
     当日は、座長の田口敏彦病院長の進行で始まり、連携大学である愛知医科大学 学際的痛みセンター 牛田享宏教授の「動いて治せ 足腰の痛み」、京都府立医科大学 疼痛・緩和医療学教室 細川豊史教授の「痛みは我慢しなくてもいいのですよ」の2つの講演が行われました。両氏とも、痛みの治療に関しては著名な方で、豊富な治療経験に基づく説明は非常にわかり易く、痛みの原因や治療の方法、日常生活での注意点など、参加者に役立つ内容で、貴重な講演となりました。
     本学医学部附属病院では、今後もこのような市民公開講座を実施し、多くの市民に参加していただき、地域医療の発展に貢献して参ります。
     

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.