入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > トピックス > 2017年 > 山口大学・大学教育再生加速プログラム「国際シンポジウム2017~Creating the Future of Faculty Development Across the Border~」を開催しました

    山口大学・大学教育再生加速プログラム「国際シンポジウム2017~Creating the Future of Faculty Development Across the Border~」を開催しました

     3月14日(火)、YIC Studio2階講堂にて、山口大学・大学教育再生加速プログラム「国際シンポジウム2017~Creating the Future of Faculty Development Across the Border~」が行われ、学内外から教職員・学生など計60名が参加しました。本シンポジウムでは、本学が採択された文部科学省・大学教育再生加速プログラム事業の3年目の成果発信を行うとともに、日米のFD(Faculty Development)の過去・現在・未来を取り上げ、今後の事業展開に活かすことを目的に開催されました。

     冒頭、福田 隆眞理事・副学長(教育学生担当)より開会挨拶があり、基調講演1では、河本 達毅 文部科学省高等教育局大学振興課 大学改革推進室 改革支援第二係長より「高大接続改革と大学教育再生加速プログラム」と題して、高大接続改革と大学教育再生加速プログラムの背景と目的、現状の課題等が説明されました。続く基調講演2では、沖 裕貴 立命館大学 教育開発推進機構教授より「FDの過去、現在、未来 ~私たちは何をしてきて、どこに向かっているのか?~」と題して、日本の高等教育の文脈におけるFDの位置づけ、定義、課題、将来の展望が論じられ諸外国との比較が簡潔に述べられました。

     次に、林 透大学教育機構 大学教育センター准教授より「山口大学AP 事業が目指す『学びの好循環』と教授学習観の深化」、大関 智史 宮崎国際大学 AP アセスメント・オフィサー(助教)より「宮崎国際大学のグローバル教育とAP 事業への取組」と題して、それぞれ両大学のAP事業の成果報告がありました。

     特別講演ではメアリー・ディーン・ソルチネッリ先生 (Senior Fellow, Institute for Teaching Excellence & Faculty Development, UMASS) より「Creating the Future of Faculty Development Across the Border」と題して、FDの定義の再確認や歴史、米国・カナダにおけるFD担当者向けの大規模調査の結果などが報告されるとともに、FDをエビデンスベースで進める必要性が強調されました。

     後半のグローバル・ワークショップ「10 年後のFD の姿を展望する~日米FD 比較調査を通したダイアローグ~」では、まずアンドレア・L・ビーチ先生 (Professor of Higher Education Leadership, Western Michigan University) と山崎 慎一 桜美林大学 グローバル・コミュニケーション学群助教により日米の比較調査の結果報告が述べられました。その後、これまでの発表内容を踏まえた上で、参加者が4人1組のグループを構成し、「日米のFDの違いに関する気づき、疑問」と「これからの日本のFDの行方」をテーマに議論が行われました。

     また、シンポジウム前日の3月13日(月)には、ソルチネッリ先生、ビーチ先生が本学の岡正朗学長を表敬訪問し、本学の重点項目としている取組の紹介を受けた後、大学教員のテニュア制度、学生の経済的支援、大学財政など、日米の高等教育の共通テーマについて意見交換が行われました。

     

     

           シンポジウムの様子               ワークショップの様子 

     

            学長との懇談の様子                  記念撮影

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.