入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > トピックス > 2017年 > 山口大学公開講座~古代米をつくって食べよう~が開講されました

    山口大学公開講座~古代米をつくって食べよう~が開講されました

     9月26日(火)、吉田キャンパスにて公開講座~古代米をつくって食べよう~の第2回目が開催され、16名が参加しました。

     本講座は、6月、9月、11月の3回に分けて開講されます。主食として普段何気なく食べているお米の歴史と価値を再認識することを目的としており、古代米と近代品種の違いや古代の食事についての講義、また、土器づくりや土器を使った調理、現在のお米のルーツとされる赤米を収穫する実習も行います。

     この日は、6月に作った土器の焼成と、赤米の収穫体験が行われました。土器の焼成では、火起こしから実践し、最初はなかなか火が付きませんでしたが、奮闘の結果ようやく火種が起きると大きな歓声が挙がりました。土器はわらと土で覆い、火種を入れて焼きました。

     続いて行われた赤米の収穫体験では、実際に弥生時代に使われていた貝庖丁や石庖丁の模造品を使用して収穫し、参加者は「貝庖丁の切れ味が良くて収穫しやすい」と語っていました。

     11月には、古代の食事についての講義と、土器で実際に米を炊いて試食します。

     本学では、今年度22の公開講座を開講しております。ご興味のあるテーマがありましたら、ぜひお申し込みください。

     講座一覧はこちら

    https://ds26.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~exten/chiiki/kouza/kouza_menu.php

     

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.