入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > トピックス > 2017年 > 日本画家 馬場良治氏による講演会「文化財修復技術の現状と課題」を開催しました

    日本画家 馬場良治氏による講演会「文化財修復技術の現状と課題」を開催しました

     11月24日(金)、吉田キャンパスの大学会館において日本画家の馬場良治氏による講演会「文化財修復技術の現状と課題」を開催しました。
       本講演会は本学の山口学研究センター研究プロジェクト「山口から始める文化財修復と日本画の新潮流」の一環として開催されたもので、馬場氏は同プロジェクトの助言と総合監修を担当しています。
     岡正朗学長の挨拶に始まり、本プロジェクトの研究代表者である創成科学研究科工学系学域応用化学分野の堤宏守教授から山口学研究センターの取り組みと本プロジェクトについて紹介があった後、馬場氏による講演が行われました。講演では、平等院鳳凰堂や功山寺など、馬場氏が直接携わった文化財修復現場の写真が示され、修復に伴うエピソードや苦労話がありました。さらに「文化財の修復は画材(顔料、膠等)の成分や組合せ等が大きく影響するため、これらの分析や作用機序を山口大学の研究者と連携しながら明らかにすることで、新しい修復方法を確立したい。」と述べられました。当日は学外からも多くの来場者があり、学生や教職員を含め約150名が馬場氏の講演に興味深く耳を傾けました。

      

            馬場良治氏                  講演会の様子
       

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.