入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > トピックス > 2017年 > 維新150周年記念市民講演会「UCLで学んだ長州ファイブの姿」が開催されました

    維新150周年記念市民講演会「UCLで学んだ長州ファイブの姿」が開催されました

     3月14日(水)、山口大学吉田キャンパス大学会館大ホールにて、維新150周年記念市民講演会「UCLで学んだ長州ファイブの姿」が、本学と本学の国際交流協定校であるユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)の共催で開催され、約180名が参加しました。本講演会は、維新150周年を迎え、グローバル化といった多くの課題に対応していくうえで明治維新をけん引した先人の志を学ぶとともに、海外からみた我が国の歴史がどのように理解されているか知ることを通して地域の国際化促進に貢献する目的で開催されたものです。

     

     講演会冒頭、岡正朗学長から、開会の挨拶が述べられた後、UCLのジム・アンダーソン教授(専門は化学)による講演、「UCLで学んだ長州ファイブの姿」が開催されました。講演では、当時の長州ファイブがロンドン留学に至った経緯にふれた後、長州ファイブが師事したアレキサンダー・ウィリアムソン夫妻との関係や実際に学んだことなどについて紹介されました。アンダーソン教授によると、列強の進出に対応するためには軍事力の強化が必要であったことから、長州ファイブは当初、当時世界最強を誇ったイギリスの海軍の技術を学ぶために渡航、様々な困難を乗り越え、イギリスに到着した後、国籍や宗教に関係なく生徒を受け入れていたUCLの中でも特に国際感覚豊かな人物であった同大学の化学部長のウィリアムソン教授のもとで学ぶことになったとのことです。ウィリアムソン教授は長州ファイブがUCLで学べるように支援するだけでなく、夫人とともに現地での生活も手厚く支援し、化学教育や英語の指導を行うなど極めて協力的であった等、当時の様子について写真等を使用しながら紹介され、聴講者は真剣な表情で聞き入っていました。

     講演後に行われた質疑応答では、「当時のイギリスの社会情勢を想像するに、これほど5人がすんなりと現地に適応できたという事は驚異的でありつつ、差別もあったのではないか」という質問に対して、「5人はウィリアムソン夫妻の支援を受けるともに、UCLでは多くのアジア諸国から留学生を受け入れるなどの背景があった。また、5人が現地の工場の視察を行った際の新聞記事が残っている。少なくとも大学内において差別的な扱いは受けていなかったようだ。一方で、実社会では差別があったことは想像できる」とのことで、改めて、ウィリアムソン夫妻の支援の重要性や5人の現地で直面した問題について考えさせられました。

     最後に、山口大学三浦房紀副学長(国際連携担当)より閉会の挨拶があり、盛況のうちに講演会は終了しました。

     本年は維新150周年を迎え、山口県内でも多くのイベントが開催される予定です。山口大学もこれを機にUCLとの交流をさらに活発化されるとともに、今後ともこうした活動を通し、地域の国際化促進に貢献します。

      

           岡学長による挨拶            アンダーソン教授による講義

     

         三浦副学長による挨拶

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.