入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > トピックス > 2014年 > 腹時計の調節メカニズムを山口大学時間学研究所の研究グループが解明

    腹時計の調節メカニズムを山口大学時間学研究所の研究グループが解明

     山口大学時間学研究所の研究グループが腹時計の調節メカニズムを解明しました。 

     約24時間をはかる体内時計(専門的には概日時計)によって、私たちの体は睡眠覚醒をはじめとする様々な身体機能の約1日の変動がおこります。体内時計は体の細胞の1つ1つの中に内蔵されています。この仕組みは、地球の自転周期(日の出や日没)に合わせて健康にそして効率よく生活するために必須です。しかし、現代の生活環境や生活習慣によって、海外旅行に出かけずとも私たちの体では時差ぼけのような状態が頻繁に発生しており、仕事や学習効率の低下のみならず、睡眠障害・精神疾患・脳卒中・心臓病・肥満・糖尿病・がんなど広範にわたる疾患のリスクと深く結びついていることがわかってきました。

     生活の中で起こる時差ぼけのリスクを回避するためには、適切なタイミングで光を浴びることが重要です。それに加えて、食事のタイミングも重要であり、朝の食事は体内時計を朝型に、夜中の食事は体内時計を夜型に修正することが示唆されてきました。しかしながら、食事による体内時計の調節メカニズムについては詳しくはわからないことが多くありました。

     今回、佐藤特命助教と明石教授の研究グループは、血糖値を一定にコントロールする働きを持つ、膵臓から分泌されるホルモンであるインスリンが重要な役割を担うことを明らかにしました。インスリンの機能を阻害する物質をマウスに与えると、食事によるマウスの肝臓の体内時計の調節が遅れることがわかりました。さらに、インスリンは肝臓や脂肪等の食事と関係の深い臓器の体内時計に強く作用する一方で、それ以外の臓器にはほとんど作用しませんでした。

     食事に関係する臓器の素早い体内時計の調節は、生物の生存に不可欠であると考えられます。すなわち、これらの臓器の時刻合わせを素早く行うことで、食事の時刻を予測するように、空腹感、消化吸収および代謝などがタイミングよく発動するようになるのです。

     この研究成果は、時差ぼけを含む概日リズム障害の患者の体内時計の調節方法のヒントになるかもしれません。また、2型糖尿病患者ではインスリンの機能が低下することから、体内時計が食事時刻に同調しにくい可能性があります。さらに、糖尿病患者における誤ったタイミングのインスリン注射は、予期せぬ体内時計のずれを起こす可能性があることも意味しています。

     

           ※研究成果のイメージ図 

         

     

     

    ●本成果は、セル出版社(Cell Press)のオープンアクセス雑誌Cell Reports(セル・レポーツ)より、7月10日にオンラインで発表されました。

    http://www.cell.com/cell-reports/home

     

    ●国外でも多くのメディアから注目を集めています。

     TIME
    http://time.com/2972956/your-food-influences-your-bodys-internal-clock/

    The Times
    http://www.thetimes.co.uk/tto/science/article4144389.ece

    NBC Today
    http://www.today.com/health/sleep-problems-carbs-night-not-too-late-may-help-1D79911268

    The Huffington Post
    http://www.huffingtonpost.com/2014/07/11/food-jet-lag-study_n_5564554.html

    Telegraph
    http://www.telegraph.co.uk/travel/travelnews/10961315/Could-snacking-help-you-beat-jet-lag.html

    Daily Mail
    http://www.dailymail.co.uk/health/article-2688467/A-big-breakfast-flying-one-way-beat-jet-lag-Carb-loading-reset-passengers-body-clocks-long-haul-trip.html

    New Scientist
    http://www.newscientist.com/article/dn25880-food-influences-body-clock-and-may-ease-jet-lag.html#.U8AE-ii4tSY

    Discover
    http://blogs.discovermagazine.com/d-brief/2014/07/10/jet-lag-snacks-how-foods-affect-your-bodys-internal-clock/#.U8AFMCi4tSY

     

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.