入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > トピックス > 2019年 > 「山口大学生命医工学センターYUBEC 特別講演会」を開催しました

    「山口大学生命医工学センターYUBEC 特別講演会」を開催しました

     山口大学生命医工学センター(YUBEC)は、6月19日(水)、常盤キャンパスD11講義室において「山口大学生命医工学センターYUBEC 特別講演会」として、科学技術の展開と社会とのかかわりおよび国連の持続可能な開発目標SDGs (Sustainable Development Goals)への貢献を考える学内外にオープンな講演会を開催いたしました。当日は本学工学部応用化学科の3年生約80名の他に、本学教職員および宇部市役所、山口県など学内外からも15名の参加がありました。
     講演者は、科学技術史研究の第一人者として知られるバージニア大学工学部「工学と社会」部門長W.B. Carlson 教授*1 と、本学技術経営研究科の林裕子教授でした。
     Carlson教授の講演では、SDGsの目標#3「あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する」に関連付けて、「What does it Take to Save Premature Infants? An ethical Framework for Understanding Technology and Society」と題し、高価な医療機器の普及が困難なアフリカにおける呼吸困難な新生児への解決策として最近話題になった米国ライス大学の学生チームが開発した低コストのbCPAP (bubble continuous positive airway pressure)*2の事例を紹介されました。この技術の成功の背景には、機器開発そのものだけではなく、機器が必要とされる具体的な状況、それに関係する様々な立場の人々とそのネットワークへの理解があることが示され、こうしたデザインを可能にする方法論を解説されました。林教授からは、「グローバルな持続可能性の優先項目に関するアンケートの実施と考察」と題して、カールソン教授の取り組みに関連して、NEP(the New Ecological Paradigm)に基づく国際的なアンケート調査の意義が説明されました。その中間的な分析結果の一部としてSDGsの各目標について開発段階の異なる地域間で共通に重要視される事項、地域によって重要度が異なる事項があることなどが紹介されました。
     本講演を通じて得られた技術の社会的影響力や技術を効果的に社会に広めるための社会的ネットワークへの気づきはこれから工学的専門性を高めていく学生たちにとって、今後の糧となることが期待されます。

     (本講演会はJSPS 科研費(基盤研究 B)「STEM の学生の科学と未来社会像や SDGsに対する意識の国際比較調査研究」の助成を受けて行いました。)

     

    *1: Carlson教授(外部サイトへ) https://engineering.virginia.edu/faculty/w-bernard-carlson 

    *2: bCPAPの動画「Saving Lives at Birth - Pumani bCPAP」(外部サイトへ)https://www.youtube.com/watch?v=b0htibKOxgg

                    写真1:Carlson教授の講演の様子

     

                     写真2:林教授の講演の様子

     


    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.