入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > トピックス > 2019年 > 経済学部藤田健准教授のゼミの学生チームが考案した山口県観光プランが「瀬戸内商品企画プロジェクト」で優秀賞を受賞し商品化されました

    経済学部藤田健准教授のゼミの学生チームが考案した山口県観光プランが「瀬戸内商品企画プロジェクト」で優秀賞を受賞し商品化されました

     本学経済学部流通システム講座の藤田健准教授のゼミは、地域及び企業への貢献を実現すべく、マーケティング論・商品開発論の知識を応用した実践的教育に取り組んでいます。藤田健ゼミの学生は、2018年度に開催された「瀬戸内商品企画プロジェクト」(株式会社日本旅行・岡山大学・山口大学での開催)に参加し、瀬戸内地域の観光プランを企画しました。2019年2月8日(金)に株式会社日本旅行本社(本社:東京都中央区)で最終発表会が開かれ、同社の役員から現場スタッフを交えた厳正な審査により、藤田健ゼミのチーム「東風(とうふう)」が優秀賞(第2席)を獲得しました。

     学生チームが考案した観光プランは、「食」の宝庫である岩国・周防大島に焦点を当て、関西の20~30代のお客様を誘客し、岩国・周防大島ならではの「食」を楽しんでもらう1泊2日の旅です。岩国は、岩国寿司をはじめとするグルメや、銘酒がそろう地域です。周防大島は、島の中だけしか採れない貴重なハチミツや、山口県産の素材をふんだんに使った美味しいジャムが販売されています。また、太刀魚などの地元の名物料理もホテルで提供されており、観光客はゆっくりと滞在しながら、土地のうま味を味わい尽くすことができます。

     学生チーム「東風」のメンバーは、ネットや図書館で多くの地域情報を収集し、何度も現地調査を繰り返しました。同メンバーは、観光プランの考案を進めるとともに、関西の顧客層に対してニーズ調査を実施し、多くの方から「行ってみたい」という声を集めました。最終発表会のプレゼンでは、観光プランの論理的な説明と、審査員の感情や食欲に訴えかけるような語りを繰り広げました。

     学生チームは、マーケティング計画についても新たな提案を行いました。学生チームが考案した観光プランはいわゆる「食旅」ですが、「食旅」に興味のある顧客層をいかにつかむかを検討し、そのプロモーション方法もあわせて提案しました。その提案内容は、東日本大震災をきっかけに全国で注目されるようになった、地域の「食」の価値を都会の消費者に伝える雑誌『食べる通信』とのコラボレーションでした。山口県でも『やまぐち食べる通信』が発行されており、山口の「食」に関心をもつ都会の消費者に読まれています。学生チームは『やまぐち食べる通信』の編集長と面会し対話を重ねるなかで、日本旅行の商品発売にあわせて「岩国・周防大島特集号」を発行していただくことになりました。

     学生が考案した山口観光プランは、日本旅行『おいでませ山口へ』(パンフレット)に掲載されています。パンフレットは、JR西日本主要駅の「Tis」や「日本旅行」の店舗で配布されています。また、『やまぐち食べる通信』特集号は、関西エリア主要駅内の「Tis」で配布しています。山口旅行に関心をお持ちの方は、ぜひ手に取ってご覧ください。

     

     

     

                 JRで行く おいでませ山口へ(提供:株式会社日本旅行)

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.