入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > トピックス > 2019年 > 大学院医学系研究科の陳冲先生が脳に及ぼす運動の効用について著書を執筆しました

    大学院医学系研究科の陳冲先生が脳に及ぼす運動の効用について著書を執筆しました

      大学院医学系研究科高次脳機能病態学講座の陳 冲(ちん ちょん)助教が、理化学研究所脳神経科学研究センターの望月泰博研究員との共著「 頭を良くしたければ体を鍛えなさい——脳がよろこぶ運動のすすめ」を執筆しました。
     陳 冲先生は、最新の脳科学の知見をもとに、運動が脳に及ぼす効用について分かりやすく説明しています。健康な身体を保つために運動が必要であることは今や常識となっていますが、運動は脳にも様々な影響を及ぼします。数分間程度の運動でも、集中力や創造力が高まり脳の働きが良くなります。また、運動を継続的に行えば、前頭前皮質や海馬がより健全に働くようになり、ストレスに強くなるばかりか、うつ病や認知症の予防効果も期待できます。さらに、「脳がよろこぶ運動マニュアル」を掲載し、「脳のために運動しませんか」と提案しています。

     

     

      
    著書名:頭を良くしたければ体を鍛えなさい-脳がよろこぶ運動のすすめ
    著者:陳冲/望月泰博 著
    出版社: 中央公論新社 (2020/1/20初版刊行)
    ISBNコードISBN978-4-12-005260-6

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.