入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > トピックス > 2020年 > 創成科学研究科の執行正義教授の研究課題が令和2年度「国際共同研究パイロット事業」の委託先に選定されました

    創成科学研究科の執行正義教授の研究課題が令和2年度「国際共同研究パイロット事業」の委託先に選定されました

     農林水産省の令和2年度戦略的国際共同研究推進委託事業のうちの国際共同研究パイロット事業(ロシアとの共同公募に基づく共同研究分野)に、大学院創成科学研究科(農学系)の執行正義教授の研究課題が採択されました。この事業は、全ロシア農業バイオテクノロジー研究所との共同研究(研究期間2020年度~2022 年度)になります。

     

    【課題名】
    「ネギ属種におけるオミクスおよび分子細部遺伝学手法を用いたロシアと日本の遺伝資源開発」

     

    【事業概要】
    本事業は、二つの中課題「ネギ類の分子細胞遺伝学的研究」と「ネギ類における遺伝資源開発と育種利用に関する試験研究」を実施します。

     

    ネギ属野菜では、交雑可能な異種間で正反対のキアズマ形成様式を有する種の組合せが存在します。そこで、その形成様式が異なる種の掛け合わせで作出されたA.cepa由来単一異種染色体を添加したネギ系統やA.cepa倍加半数体等のユニー クな植物材料を用い、組換え関連遺伝子の探索や動原体領域の特定を進める基礎研究を実施します。

     

    将来的に、同遺伝子の人為的操作技術が開発されれば、ネギ優良形質をタマネギに導入する育種の道が開かれ、遺伝子プール概念を大幅に改良することができます。また、遺伝地図と物理地図の統合は、反復配列で過飽和状態のタマネギ巨大ゲノム配列をアセンブルする上で極めて重要な研究と成り得ます。

     

    本事業では、日本側でタマネギの全ゲノム解析や転写産物解析から得られた高密度遺伝地図を更に高精度情報ツールとして深化させ、ロシア側で物理染色体上での遺伝子や目印配列の可視化を進め、最終的に遺伝地図と物理地図を統合して高精度染色体地図を構築します。双方の取組みや専門知識を融合することで、染色体上のゲノム配列整列化を加速的に進めることが可能となり、巨大ゲノム創成の機構の一端を解明できるはずであります。

     

    一方で、両国の極東モンスーン気候帯の野菜生産現場で蔓延する各種病害に焦点をあて、主要農産物タマネギの栽培や種子生産の現場で被害をもたらす各種病害への抵抗性の遺伝・育種研究を実施します。具体的には、両国主要産地における高品質タマネギの安定生産を目指し、灰色腐敗病、べと病や乾腐病に対する抵抗性を もつ育種系統の開発を目指します。

     

    一連の流れを簡単に述べると、日露品種の掛け合わせから育種系統を育成し、両親と改良集団のオミクスと分子細胞遺伝学的解析を実施してDNAマーカー等を開発するとともに、病害抵抗性を有するエリート個体の集団選抜を行うこ とを目的とする国際共同研究になります。

     

    <農林水産技術会議HP>https://www.affrc.maff.go.jp/kokusaikenkyu/joint_call_for_international_research_r2.html

     

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.