入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > トピックス > 2020年 > 山口大学と萩看護学校の学生が連携して「看護学生による子宮がん検診受けようや!プロジェクト」を実施しました

    山口大学と萩看護学校の学生が連携して「看護学生による子宮がん検診受けようや!プロジェクト」を実施しました

     10月6日(火)に萩市の県立萩看護学校において、山口大学医学部保健学科看護学専攻学生と萩看護学校看護学生とが連携して「看護学生による子宮がん検診受けようや!プロジェクト」を実施しました。

     このプロジェクトは、萩市が募集した「令和2年度萩市大学連携地域づくり推進事業補助金」の採択を受けて、山口大学の守田孝恵教授らが指導する医学部保健学科地域看護学分野卒業研究グループの学生が主体となり、萩看護学校の協力を得て企画したもので、20歳代前半の子宮がん検診受診率が全国平均と比較しても低い萩市において、2022年度には受診者数を2.2倍とし、全国平均並みとすることを目標としています。山口大学からは4年生9名、萩看護学校からは3年生36名がこのプロジェクトに参加しました。

     萩市の地域課題解決を目的として若者の子宮頸がん検診受診率向上に着目した本プロジェクトにおいて、第1部では、山口大学の学生が「20歳代女性を対象とした子宮頸がん検診無料クーポンの全国実態調査」をテーマに調査研究報告を行いました。報告の中では、無料クーポン券に焦点を当て、子宮頸がん検診受診率の高い自治体と低い自治体を比較検討することにより、効果的な無料クーポンの特徴についての考察がありました。

     第2部では、「20歳代の市民に対する効果的な受診行動支援とがん検診の啓発について」をテーマに9つのグループに分かれて両学生による討論会を行い、各グループにおいて活発な議論が行われました。

     第3部では健康づくりを担当されている保健師をはじめ、観光、防災、広報等さまざまな部署から9名の萩市職員が参加し、第2部の各グループから討論で出た意見を発表した後、「萩市の地域特性を生かした子宮頸がん検診活動のあり方」について学生と萩市職員で意見交換会を行いました。

     学生からは、ネット申込の活用、無料クーポンの全国利用対応、土曜日午後の検診実施、学校への検診車出張、無料クーポンのデザイン提案等、検診受診率向上に向けたさまざまな提言を行いました。

     萩市職員からは、提案について積極的に検討し、可能なものは本年度から実行したい旨のご発言をいただき、また、中高生等の若年層からのがん検診受診啓発の重要性、防災メールの活用等のお話がありました。

     最後に山口大学の学生が本プロジェクトのまとめを行い、プロジェクトに協力いただいた方への感謝の意を述べ終了しました。

     今回のプロジェクトを通じて、萩市においては地域課題解決に向けて若者の意見を取り入れることができ、また、学生にとっては地域づくりに参画できる貴重な機会となり、大変有意義なプロジェクトとなりました。

     


         

     

         

     

      

     

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.