入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > 新着ニュース > 2015年 > 宇部市とフューチャーセッションを開催しました!

    宇部市とフューチャーセッションを開催しました!

     平成27年5月18日(月)に,山口大学常盤キャンパス 福利厚生棟クリエイティブラウンジにて、宇部市と山口大学の共催で、「地方創生キャラバン in やまぐち~第1回宇部市フューチャーセッション~」を開催しました。

     

     フューチャーセッションとは、「問題が複雑で誰も答えが見えない」「繰り返し同じ問題が発生している」といった最適解のない複雑な問題を解決するために、自治体、企業、NPO法人、大学等の地域の各分野における人材が、立場の違いを超えた対話をすることによる、協調アクションを起こす『場』のことです。

     今回のセッションは、平成16年度より包括的連携・協力協定を締結している宇部市と大学との地域創生に係る連携をさらに強化し、よりよい宇部市、大学の在り方等を検討することで、両者にメリットのある事業の立ち上げや思想の共有等を目的としています。概ね3回程度の開催を予定しており、この度は第1回目のセッションを行いました。

     

     当日は、宇部市と山口大学から、さまざまな部署で働いている20名余りの参加がありました。

     セッションでは、ファシリテータを務めた、山口大学地域未来創生センターアドバイザー 平田隆之氏(NPO法人市民プロデュース理事長)よりセッションの進め方の説明を受けた後、「大学と地域が共につくる未来の宇部」というテーマ設定のもと、大学の様々な活動や人材を、宇部市の抱える課題にどのように活かし、協力していけるかというセッションを繰り返し行いました。

     

     会場では、セッション参加者の発想を促すために、宇部市や大学が発信する情報の掲示や、ランチセッションを行うなど、対話しやすい環境をつくることで、普段対話をする機会が少ない宇部市と大学の職員同士が打ち解けあい、多くの示唆に富んだアイデアを生み出すことができました。

     参加された宇部市職員からは、「理想に向かって意見を出し合うと、前向きになれる。理想の未来を語る重要性を感じた。」「大学の職員と率直な対話が出来たことが、今後に繋がる収穫となった。」との感想が述べられました。

     

     山口大学は、従来の解決手法だけでは対応が難しくなってきている複雑化した地域課題に対して、地域課題を共有し、地域活性化に向けたネットワークを構築し、課題解決に資する様々な人材や情報・技術の集まる地域コミュニティの中核的存在「地(知)の拠点」となることを目指しており、山口県の企業・行政・地域が連携してイノベーションを創出するプラットフォームになるよう、今後もこのような取組を積極的に行っていきます。

     

            宇部市職員と山口大学教職員によるフューチャーセッションの様子 

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.