入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > 新着ニュース > 2015年 > 「エネマネハウス2015」で、大学院理工学研究科の内田文雄教授をリーダーとするプロジェクトチームが「優秀賞」と特別賞「地方創生賞」を受賞しました!

    「エネマネハウス2015」で、大学院理工学研究科の内田文雄教授をリーダーとするプロジェクトチームが「優秀賞」と特別賞「地方創生賞」を受賞しました!

     10月31日(土)に横浜市で開催された「エネマネハウス2015」の表彰式・講評会において、理工学研究科の内田文雄教授をリーダー、樋山恭助准教授をサブリーダーとするプロジェクトチームが提案した「やまぐちさんの風の家」が「優秀賞」を、更に、民間企業等と協働して実施し、地元の資源・産業を結集して建築したことから、特別賞「地方創生賞」を受賞しました。

     

     「エネマネハウス2015」は、“学生が考える、将来の家”をテーマに、エネルギー、ライフ、アジアのコンセプトのもと、先進的な技術や新たな住まい方を提案するモデルハウスを建築するコンペで、採択された山口大学を含め5つの大学が、横浜市の会場においてモデルハウスの建築・実証・展示を行いました。

     

     山口大学のチームが提案した「やまぐちさんの風の家」は、「地域資源の発掘」・「地域環境の保全」・「地域に暮らす」の3つのテーマからなり、自然採光や自然換気を効率化するとともに、太陽光発電パネルと太陽熱温水器を用いてエネルギーを創り出すことで、一次エネルギー消費が正味ゼロの住宅、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指すものです。また、建築材料・家具に県産木材を使用し、設備等にも地元製品を使用するなど、地域振興や地域の環境保全、森の循環につなぐシステムを構築しました。

    「様々な地域を単位として、資源を活用し森の循環を実現することで、地域でも魅力あふれる暮らしを営むことができる」が、本プロジェクトを通じた社会へのメッセージとなっています。

     

     優秀賞を受賞して、理工学研究科感性デザイン工学専攻1年の丸毛遼さんは、「企業の方々とのつながり、学年・学科を越えて交流できたことが一番の収穫、参加できて良かった。」と挨拶し、プロジェクトリーダーの内田教授からは、「関東に攻め込むのは大変だと思った。ご協力いただいた工務店・企業の皆様に感謝している。横のつながりができ地域が一つになって様々なことに取り組むことができた。地域がどう頑張れるかが重要という意味では一つの成果は出せたと思う。」と挨拶がありました。

     

     今回のプロジェクトには、山口大学工学部の感性デザイン工学科、電気電子工学科、知能情報工学科の3学科と大学院の学生が連携し、全体で50名を超える学生が参加しました。山口大学のプロジェクトチームは、今回の事業体制を次の活動につなげ、山口大学を地域に愛される大学とすることを目標としています。

     

    ≪モデルハウスの写真≫

     

     

     

    【表彰式・講評概要】

     表彰式では、信時正人エネマネ実行委員(横浜市温暖化対策統轄本部環境未来都市推進担当理事)から「熱心な学生の姿が印象に残った。異質の融合はイノベーションの最たるもの。これからの人生をイノベーションの気持を忘れずに過ごしてくれると嬉しい。」と挨拶があり、各大学によるプレゼンテーションの後、各賞の発表がありました。

     表彰式後の講評では、審査委員から参加した全学生に向けて、「このたびの経験は、即、社会の戦力になるという自負を持って欲しい」、「将来、この時の経験があったからこそと思ってもらえたら嬉しい。」の言葉が贈られ、村上周三審査委員長(一般財団法人建築環境・省エネルギー機構理事長)からは、講評・閉会挨拶の中で「山口大学の地域創生型、地域の力を結集した取組は特筆すべきこと。日本全体の底上げにつながることを期待したい」との言葉が贈られました。 

        賞状とトロフィーを手にする学生ら           挨拶する内田教授

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.