入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > 新着ニュース > 2016年 > 学長定例記者会見を行いました(平成28年4月5日)

    学長定例記者会見を行いました(平成28年4月5日)

     

      4月5日(火)、本学事務局2号館4階 第2会議室にて、学長定例記者会見を行いました。 

     会見に先立ち、この4月1日付けで新たに就任した理事、副学長、監事および「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」の統括コーディネーターを紹介し、その後、以下の4項目について、学長から説明を行いました。

     

    【資料】 理事、副学長、監事及び統括コーディネーター 一覧(99KB; PDFファイル)

     

    1.山口大学医学部先端がん治療開発学講座(寄附講座)の設置について

     このたび、東洋鋼鈑株式会社と日本電気株式会社からの寄附を受けて、平成28年4月1日(金)、医学部に「先端がん治療開発学講座」を設置しました。この寄附講座は、臨床分野の講座や基礎医学講座、さらには創成科学研究科とも連携し、本学における先端がん治療開発の拠点となり、がん個別化医療、がん複合免疫療法、がん再生細胞療法、新規がん免疫薬剤等の開発を行うとともに、外部資金獲得や企業との産学連携を推進し、医療・医薬品開発を飛躍的に発展させることを目的としています。山口大学発の先端がん治療シーズを世界に発信し、新たな産業の創出や新薬の創出が期待されます。

     

    【資料】 山口大学医学部先端がん治療開発学講座(寄附講座)の設置について(139KB; PDFファイル)

     

    2.山口大学医学部附属病院てんかんセンターの設置について

     平成28年4月1日(金)、医学部附属病院に「てんかんセンター」を設置しました。

    てんかんは100人に1人の有病率と言われており、全国では100万人以上、山口県でも約1.4万人以上の方が、てんかんの治療を必要としておられると推定されています。また、てんかんは子供からお年寄りまで、いかなる年齢においても発症する可能性がある病気であり、実に様々な症状が見られるため、一つの診療科、一人の担当医のみで治療を行うには不十分な場合があります。てんかんの治療には様々な診療科が協力して治療に当たることが理想とされていますが、今まで山口県には、それを可能にする病院が存在していませんでした。

    本院では、従来より小児科、脳神経外科、神経内科及び精神科神経科が連携して治療を行ってきたところですが、今後は、救急搬送時には救急科、麻酔科蘇生科(集中治療室)を加えた6診療科が、改めて「てんかんセンター」として連携することにより、治療を行ってまいります。また、市民公開講座の開催等を通じて、地域の皆様へのてんかんに関する啓発活動を行っていく予定です。

     

    【資料】 山口大学医学部附属病院てんかんセンターの設置について(39KB; PDFファイル)

     

    3.山口大学ブランドスィーツ「Scent(セント)」の発売について

     本学は、これまでもブランド戦略の一環として、日本酒「長州学舎」や「大学まんじゅう」などの食品等を企画・販売してきましたが、このたび、山口市内の洋菓子業者とのコラボ企画により、「Scent(セント)」を新しい大学ブランド商品として、6月から販売します。  

    農学部の赤壁善彦教授の香りの研究成果を活かし、学生が普段、気軽に食べてもらえる風味豊かなスィーツを目指しました。香りは、山口県特産品である「夏みかん」「ゆず」を使用し、商品には、より嗜好性の高いスィーツとして「マカロン」「ギモーブ」「パウンドケーキ」を選びました。

     「Scent(セント)」は、良い香りという意味ですが、社会人となった学生が同じ香りをかいだときに学生時代を懐かしく憶い出してもらえるよう想いをこめて、「記憶に残る香り」という意味で命名しました。

     

    【資料】 山口大学ブランドスィーツ「Scent(セント)」(88KB; PDFファイル)

     

    4.山口学研究センター 研究プロジェクトの決定について

     昨年12月に設置した山口学研究センターの取り組みとして、「山口学研究プロジェクト」を学内公募し申請のあった20件について、選考委員会による審査を経て、5件のプロジェクトを採択しました。

     採択されたプロジェクトの名称及び研究代表者は以下のとおりです。(申請順)

     

    ◇山口県防府地域の社会変遷と古気候に着目した土砂・水災害史の編纂

     【研究代表者:鈴木 素之(創成科学研究科・教授)】

    ◇山口から始める文化財修復と日本画の新潮流

     【研究代表者:堤 宏守(創成科学研究科・教授)】

    ◇「古代テクノポリス山口 -その解明と地域資産創出を目指して-」

     【研究代表者:田中 晋作(人文学部・教授)】

    ◇グローカルな視点で考える山口県の歴史・文化・自然・産業

     【研究代表者:楮原 京子(教育学部・講師)】

    ◇山口県周遊観光の活性化のための観光客動態データ収集システムの開発と活用

     【研究代表者:野村 淳一(経済学部・准教授)】

     

    【資料】 山口学研究プロジェクト・採択プロジェクト一覧(159KB; PDFファイル)

     

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.