入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > 新着ニュース > 2016年 > 医学系研究科 北川孝雄 助教らの研究グループは、組換えタンパク質生産を飛躍的に向上させる遺伝子を同定しました

    医学系研究科 北川孝雄 助教らの研究グループは、組換えタンパク質生産を飛躍的に向上させる遺伝子を同定しました

     本学大学院医学系研究科 北川孝雄 助教、古谷-清木誠 教授、京都工芸繊維大学 井沢真吾 准教授、筑波大学 入江賢児 教授、株式会社豊田中央研究所松山崇 主任研究員の研究グループは、組換えタンパク質生産を飛躍的に向上させる2つの遺伝子NAB6PAP1を同定しました。

     本研究の知見は、超高額ながん抗体医薬の生産コストの大幅な低減に貢献すると期待されます。

    なお、この研究成果は、2016年11月15日付けの英科学誌「Scientific Reports」に掲載されています。

     

     【研究成果概要】

     がん治療に利用されるオプシーボやハーセプチンに代表される抗体医薬は、顕著な薬効を示す一方で非常に高価な薬のため、その生産をいかに効率的に行うかが今後薬価を下げる鍵となります。同研究グループは、抗体医薬を含む組換えタンパク質生産を飛躍的に向上させる汎用技術を確立するために、非翻訳領域のターミネーター領域に着目し、モデル生物の微生物である酵母において、組換えタンパク質生産を最も向上させるDIT1ターミネーターを同定してきましたが、DIT1ターミネーターがなぜ強力な組換えタンパク質の増産効果を持つのか不明でした。

     研究グループは、本研究において、酵母のゲノムライブラリーを用いることによりDIT1ターミネーターの増産効果に関わる遺伝子として2つの遺伝子、NAB6PAP1を同定し、このNab6とPap1の作用によって、DIT1ターミネーター上流に配置した組換えタンパク質生産を2.5倍以上も向上させることに成功しました。

     DIT1ターミネーター、Nab6及びPap1を利用することによって、酵母のみならず、抗体医薬を生産する動物細胞においても同様に、組換えタンパク質生産量を飛躍的に増加させることができる可能性があると考えられるため、今後様々な産業への利用が期待されます。

     なお、本研究は文部科学省・科学研究費補助金制度JP25660071、JP15K07378の助成を受けて行ったものです。

     

     詳しくはこちらの資料をご覧ください。

     

             参照 

    Nab6-Pap1タンパク質複合体によるDIT1ターミネーター活性化機構のモデル図

                Nab6がDIT13¢-UTRのGUUCGと特異的に結合する。Nab6がPap1タンパク質を

              リクルートし、上流にコードされたターゲット遺伝子mRNAに作用した結果、ター

              ゲットタンパク質の生産が促進される。

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.