入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > 新着ニュース > 2016年 > 創成科学研究科の今岡教授らの共同研究Gが、リチウムを含む新鉱物を発見!「村上石」と命名!!

    創成科学研究科の今岡教授らの共同研究Gが、リチウムを含む新鉱物を発見!「村上石」と命名!!

     本学大学院創成科学研究科の今岡照喜教授、永嶌真理子准教授、加納隆名誉教授、海洋研究開発機構の木村純一上席技術研究員、常青(Qing Chang) 技術主任、ジェムリサーチジャパン株式会社の福田千紘課長らの共同研究グループは、リチウムを含む新鉱物を愛媛県上島町岩城島で発見しました。発見された鉱物は著名な鉱物学者・岩石学者でもある村上允英(山口大学名誉教授)にちなみ「村上石」と命名されました。

     これは国際鉱物学連合 (International Mineralogical Association)*1の新鉱物・命名・分類委員会(Commission on New Minerals、 Nomenclature and Classification)*2により新種として2016年10月7日に承認され、11月29日にイギリスの学術雑誌「Mineralogical Magazine」のNew Mineralsリストに掲載されました。

     「村上石」はLiCa2Si3O8(OH)という化学式で表されるリチウムを多量に含む珍しい鉱物です。そして本鉱物が属するペクトライトグループには、このような組成を持つ鉱物が存在するに違いないと世界中の鉱物学者が予測しておりましたが、長らく空位のままでした。今回の「村上石」の発見は、このミッシングピースを埋める成果であり、大変貴重な発見といえます。

     

    【背景】

     愛媛県上島町岩城島には特異な“エジル石閃長岩”を産することが古くから知られ、岩石学者の関心を集めていたようです。1944年に九州大学の杉健一と久綱正典によって“エジル石閃長岩”が学術誌に報告され、1968年3月8日に愛媛県の県指定天然記念物に指定されています。その後、この岩石より村上允英先生によって1976年には新鉱物の「杉石」が、1983年には2つ目となる新鉱物の「片山石」が発見されました。片山石の発見から四半世紀以上の年月が経過し、その間の分析技術の進歩は目覚ましく、また、鉱物や岩石の研究者は誰も研究対象にしなかったことなどから、同研究グループは、オンリーワンの研究を目指して“エジル石閃長岩”を再検討することとしました。再検討にあたっては、“エジル石閃長岩”は県指定の天然記念物であるため、まずは上島町教育委員会を通じて、愛媛県教育委員会に現状変更等許可申請書を提出するところから研究は始まりました。

     

       

           村上石を含むアルビタイト         中央の無色透明な鉱物が村上石/ペクトライト 

     

     

     

     発見の内容については、こちらをご参照ください。

     

    【参考】 

     村上允英名誉教授の業績 

     

     

     *1 国際鉱物学連合 (International Mineralogical Association)

      38カ国の鉱物学関連学会の合同により組織される鉱物学における唯一の国際連合。鉱物に関する取り決めを

     一手に担っている。

    *2 新鉱物・命名・分類委員会(Commission on New Minerals、 Nomenclature and Classification)

        国際鉱物学連合の中にある委員会の1つで、新種の鉱物の審査と承認を行う重要な委員会。新種の鉱物を確  

     立するにはこの委員会の厳しい審査をパスする必要がある。

     

     

     

     

     

     

     

     

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.